狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ①

狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ①

狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ

50代だけとは限らない辛い五十肩の症状と改善法

五十肩は正式名称ではない

五十肩は肩の炎症の1つで、昔から50代の方を中心に症状を訴える方が多いのでこの名称で呼ばれることが多くあります。

ですが、実際の疾患名は肩関節周囲炎と言い、40代に多いことから名前がついた四十肩も同じ疾患です。

つまり、肩関節周囲炎は60代、70代でも起こりますし、早い方では20代、30代でも起こる症状なのです。

肩こりとの違い

デスクワークや重たい荷物などを持つことで起こる肩こりとは、どう違うのでしょうか。

肩こりは鈍い痛みや違和感が慢性的に続き、肩周りや首を動かしたり、軽くストレッチやマッサージをしたりすると楽になるのが特徴です。

肩の奥にズキズキとうずくような痛みを感じ、腕を動かすとピキッと激痛が走ることがあります。

腕を上げるのも痛くて着替えができない、髪が洗えなくなる方や痛くて眠れないという方もいるほどです。

筋肉の硬直や血行不良によって起こる肩こりに対し、加齢や長年にわたる酷使の影響で肩関節に退行性変化が起こり、細胞や組織が壊れることが原因と言われています。

早めの対応が不可欠

痛みを感じ始めるばかりの急性期の時期に、治療を開始すると治りが早くなります。

放置していると次第に肩の痛みが強くなるので、我慢は禁物です。

急性期に治療を怠り、痛みの発症から4ヶ月から10ヶ月ほどの拘縮期に入ってしまうと、筋肉が固くなって腕が上がらなくなり、日常生活に影響が出る方も少なくありません。

とはいえ、動かさずにいると、どんどん血流が悪くなって改善が望めないため、専門家から指導を受けてストレッチなどを行ったりしてあげるのがおすすめです。

血流を促すべく、ゆっくりとお風呂に入り、身体を温めるのもいいでしょう。

狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2990-8188
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME