ブログ記事一覧

狭山市で椎間板ヘルニアならば、かとう整骨院へ②

2019-07-30 [記事URL]

椎間板ヘルニアとはどのような病気か。

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは、背骨(椎骨)の間にある椎間板という軟骨の一種が、後ろにはみ出てしまう病気です。

背骨は頭を支えたり、姿勢を保ったりする役割があるため、椎間板には重力がかかっています。

長い間過剰な負荷がかかっていると、背骨の後ろから椎間板がはみ出てしまうのです。

はみ出た椎間板は脊髄を圧迫し、神経を刺激してつらい痛みを感じます。

椎間板と言っても、特に頸椎と腰椎に多い症状です。

どんな方に多いのか

椎間板ヘルニアは20代から40代の男性に多い病気で、主に腰に症状が出ます。

椎間板ヘルニアになりやすい人としては、普段から背骨に負担がかかっている人、たとえば、重いものを運ぶ仕事をなさっておられる方、車の運転が多い職業の方、座り仕事が多い方などです。

遺伝的に発症する方もいらっしゃいます。

症状と対処

椎間板ヘルニアの症状としては痛みと麻痺が挙げられます。

排尿に関する神経が麻痺した場合は失禁や頻尿になることもあります。

この場合は重症です。

下半身が痛みやすいですが、痛みに耐えられない場合は、ブロック注射という鎮痛薬の注射を行います。

コルセットと装着して腰を固定する装具療法もあります。

事前に痛みを予防する方法としては、患部を温める温熱療法や腰の筋肉を刺激することによって痛みを緩和する療法があります。

普段の生活の中で工夫することによって痛みを防ぐこともできます。

寝るときの姿勢も椎間板ヘルニアに関係しており、寝返りによって頭の高さが変わりにくい高さの枕を選んだり、腰が冷えないようにタオル等で覆って寝たりすることも有効です。

狭山市で椎間板ヘルニアならば、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で椎間板ヘルニアならば、かとう整骨院へ①

2019-07-26 [記事URL]

椎間板ヘルニアになりやすい女性の特徴と対処法

加齢に生じて起こりやすくなる椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは背骨を構成する骨の一部の間でクッション的な役割を果たしている椎間板が正常な形を保てなくなり、変形してしまうことで痛みや違和感などを抱く症状です。

椎間板に含まれて緩衝材のような役割を果たしている髄核の水分量は20歳を超えてくると次第に減少していきます。

それにつれて外部からの衝撃に弱くなっていき、腰や椎間板に負担をかけやすくなります。

そのため、年齢を重ねるほどに発症しやすく、力仕事やスポーツなどで腰に負担をかける動作が多い男性の方が女性より発症しやすい症状です。

椎間板ヘルニアを起こしやすい人

とはいえ、女性でもなる方はいますし、若い方でも引き起こすリスクを持っています。

どんな方に起こりやすいのか、ご自身のライフスタイルや動作などと照らし合わせてチェックしてみてください。

姿勢が悪く猫背気味の方、仕事などで中腰姿勢になる機会が多い方、運動不足で筋肉が弱っている方、標準よりも体重が多く肥満体型の方は注意が必要です。

女性に多いリスクとしては、高いヒールを履く機会が多い方や長時間にわたって立ち仕事をされる方は気をつけなくてはなりません。

高いヒールで長時間立つといった方は、特に腰への負担を和らげる配慮が求められます。

また、胎児が大きくなることで腰に負担がかかりやすい、妊娠中の女性も注意が必要です。

予防法

椎間板ヘルニアを防ぐには、腰に負担をかけないことと正しい姿勢を保つことがポイントになります。

正しい姿勢をキープするためには腹筋を鍛えるようにしましょう。

また、女性に多い反った姿勢を改善するために骨盤矯正を受けたり、ストレッチしたりするのがおすすめです。

ストレッチは継続することが大切なので、1日5分でもいいので腰回りを中心に筋肉をほぐし血行を促してあげましょう。

狭山市で椎間板ヘルニアならば、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ②

2019-07-19 [記事URL]

足裏の痛みの原因をチェックしてみましょう

足底筋膜炎ってどんな症状?

足の裏に痛みを感じていませんか。

ゆっくり休んだりマッサージをしても治らないなら、もしかしたら足底筋膜炎かもしれません。

足裏が痛くなる原因は様々ありますが、土踏まずに負担がかかり過ぎてしまったり足裏の筋膜が引っ張られたりしてしまうことで痛みを感じることもあります。

また、過度なスポーツや長時間のウォーキングなど、日常生活の中で無理をしてしまったという方は要注意です。
現在、足底筋膜炎で悩んでいる方が増えています。

足底筋膜炎は、足裏にある土踏まずに強い痛みを感じるのも特徴となっており、症状が悪化すると炎症を起こし痛みを感じるだけでなく、しこりができてしまうこともあるでしょう。

どんな人がなりやすいのか?

足底筋膜炎は、自分の足に合わない靴を履いてしまったり過度な運動を行ってしまったりすると発症しやすくなります。

また、長時間立ちっぱなしで仕事をしているという方も注意しましょう。

太り過ぎも足底筋膜炎の原因になっているので、生活習慣を見直すことも大切です。

足底筋膜炎の対策法

痛みを改善するなら、まずは今履いている靴を見直すことから始めてみましょう。

足裏にあたる部分が柔らかくクッション性がある靴を選ぶことも重要です。

ハイヒールなど足裏に大きな負荷がかかりやすい靴は、炎症を起こしやすいのでおすすめできません。

また、普段あまり運動をする機会がない方が急激な運動をしてしまうと、足裏に衝撃を与えてしまうこともあるでしょう。

足底筋膜炎の治療法は様々ありますが、テーピングやインソールなどを使用して足裏への負担を軽減するほかにもストレッチを行うことも効果的です。

痛みを感じる部分に負担を掛けないよう急所を休息させることも心がけましょう。

狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ①

2019-07-16 [記事URL]

足底に負担をかけている女性や偏平足の方がなりやすい足底筋膜炎

足底筋膜炎はどんな人がなりやすい?

足底筋膜炎はランニングやジャンプなどのスポーツによる足底の使い過ぎをはじめ、長時間の立ち仕事や長時間の歩行でも起こることがあります。

靴が足に合っていない、体重が増加して足底に全身の体重がかかって負担をかけている方や運動不足などでふくらはぎの筋肉が硬い方、偏平足の方や土踏まずが高い足の形状をしている方もなりやすいです。

痛みの発生のメカニズムと症状

偏平足の方や土踏まずが高いと足底腱膜の柔軟性が低下したり、足の指の筋力が低下したりしやすく、足し仕事や長時間の歩行やランニングなどによって足底にストレスがかかりやすくなります。

負担がかかりやすくなっている足底のオーバーユースにより、痛みが発生してきます。

かかとの内側前方に痛みが生じ、階段を上る際やつま先立ちをすると痛みを感じやすいのが特徴です。

中年の女性に多く見られる症状としては、朝起床して最初の1歩目に違和感があり、強い痛みを感じますが、歩いているうちに徐々に痛みは軽減していきます。

ですが、1日足を使って歩行量も増える夕方になってくると、再び痛みが強くなるという症状を訴える方がよく見られます。

改善に向けた施術や予防法

アキレス腱や足底のストレッチをはじめ、インソールによる痛みのコントロールも一般的な保存療法です。

適切なインソールを用いることで足底のアーチ形態を補正して、ショックを和らげて足底への負担を抑え、痛みの緩和を目指します。

また、予防法としては足底腱膜の柔軟性の低下や足の指の筋力が低下が起こらないように、足の柔軟性を維持・向上させるのがおすすめです。

ご自身でもできる足首や足底のストレッチ、ふくらはぎのストレッチをはじめ、足の裏でゴルフボール転がす足裏マッサージや足指でタオルをたぐりよせる簡単な方法で足指のトレーニングをしてみましょう。

狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ②

2019-07-12 [記事URL]

前立腺肥大とはどんな病気か、またその治療法は?

前立腺肥大の概要

男性の尿道の周りには前立腺という臓器が取り巻いています。

この前立腺が肥大してしまい、尿道が細くなってしまうことを前立腺肥大と言います。

個人差がありますが、40歳後半から肥大しはじめ、年齢と共に大きくなっていきます。

前立腺が肥大すると排尿に関するさまざまな症状が発生するようになります。

前立腺肥大の原因について

前立腺肥大の原因として考えられるのは、男性ホルモンの変化です。

これは前立腺が男性ホルモンの働きと密接に関係しているからです。

この他にも肥満や高血圧、脂質異常症やメタボリック・シンドロームなども一因として考えられています。

ただ前立腺肥大の原因が完全にわかっているわけではありません。

前立腺肥大の症状について

前立腺肥大は尿道が圧迫されて細くなってしまいますので、それに伴い排尿に関するさまざまな症状が発生します。

具体的には尿が出にくくなったり(出ないこともある)、何度もおしっこがしたくなったり、排尿後も残尿感があったり、尿を漏らしてしまうこともあります。

いずれの場合も生活に支障をきたすものですので、早期の治療が必要になってきます。

前立腺肥大の検査について

前立腺肥大を発症しているかどうかについては、排尿についてのトラブルがないかを問診した上で、さまざまな検査を行い判断していくことになります。

主な検査方法としては、尿流測定を行って尿の出る速さを調べたり、腹部超音波検査で前立腺の体積や形状、膀胱変形の有無を調べたりします。

また、肛門から指をいれて前立腺を触診して判断することもあります。

前立腺肥大の治療について

前立腺肥大の治療法については、通常は薬物療法から始めます。

治療薬には膀胱の筋肉を緩めるタムスロシンや男性ホルモンの働きを抑える5α還元酵素阻害薬などが用いられます。

薬物療法で効果がない場合は、前立腺の一部を切除する手術が行われます。

ただ、当院では手技により前立腺肥大にアプローチができます。

狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ①

2019-07-07 [記事URL]

尿の切れが悪いなど前立腺肥大にお悩みなら

加齢に伴い気になり出す前立腺肥大とその症状

前立腺は男性にしかない生殖器の1つですが、加齢などに伴い前立腺が大きく膨らんだ状態になると、不快な症状が現れやすくなります。

ご主人やお父様などがトイレに頻繁に行くようになったり、夜に何度も起きたりするなど、これまでとは違った行動が見られるようになったら、単に歳のせいと片付けてしまわず、前立腺肥大による症状だと気づいてあげるのも家族としての優しさです。

3期にわたって症状が進む

前立腺肥大の症状は主に3期にわけて、段階的に進行が進んでいきます。

1期として、トイレが近くなります。

特に夜間のトイレの回数が増えるのが特徴です。

夜間に1回~2回程度は通常と考えていいですが、3回以上になったり、これまでは寝ている間はほとんど起きなかった男性が夜間にトイレに立つことが多くなったりしたら前立腺肥大の可能性が考えられます。

2期に入ると、トイレの回数が増えるだけでなく、尿の切れが悪くなって残尿感を覚えるようになります。

とはいえ、いかに家族であっても、奥様や娘さんには言いにくい症状です。

3期になると、前立腺の肥大がどんどん進んで、尿道が圧迫され、尿量が減ってしまうので注意しなくてはなりません。

膀胱に尿が溜まっても排尿ができず、尿漏れや尿失禁を起こすケースや膀胱炎や腎不全などに発展するリスクさえあるのです。

加齢に伴い、男性の8割以上がなると言われる症状ではありますが、トイレの回数が増えたのは年齢のせいだから仕方ないと思わず、病院に行くことを勧めるなどサポートをしてあげたいものです。

予防のために

前立腺肥大が起こる1つの原因として、加齢に伴う筋力の低下や骨盤のずれなどが影響することも少なくありません。

そのため、整体で骨盤を整えたり、腿の筋肉の調整などを行ったりすることも有効です。

狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で脊柱管狭窄症ならば、かとう整骨院へ②

2019-07-02 [記事URL]

老化現象の一つ脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の概要

脊柱管狭窄症は加齢によって脊柱管が狭くなり、神経や血管が圧迫されて起こる病気です。

足がしびれたり傷んだりなどの症状が出ますが、少し休むと症状が治まることもあれば、全く歩くことができないほど症状が悪化することもあるようです。

治療方法は薬物療法などによる保存的療法を中心に進めていきますが、それでも改善が見られないような場合には、手術が行われることも少なくありません。

脊柱管狭窄症の原因

椎体を支えるクッションの役割を担っている椎間板は、加齢によって少しずつ弾力を失って外に飛び出してくるようになります。

すると背骨は不安定な状態になるので、それを補うために靱帯が太くなっていき、脊柱管を圧迫するようになっていきます。

これが脊柱管狭窄症の原因となるわけですね。

その意味では老化現象と一つと言っても良いでしょう。

ただ日常生活でも腰に負担がかかるような姿勢や動作を繰り返していると、脊柱管狭窄症を誘発する原因となってしまうことがあるので注意が必要です。

さらに女性の場合は、骨粗鬆症により背骨が弱くなることによって起こることも多いです。

脊柱管狭窄症の症状

一定の距離を歩き続けると足がしびれ、しばらく休むとしびれが治まっていくという症状が多く見られます。

これを間欠性跛行と言い、重症になるほど歩ける距離は少なくなっていきます。

しびれだけでなく痛みが伴うこともあります。

最初は片足だけの症状だったのが、やがて両足に広がっていくことが多いです。

狭山市で脊柱管狭窄症ならば、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で脊柱管狭窄症ならば、かとう整骨院へ①

2019-06-29 [記事URL]

女性に起こりやすい脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症になりやすい人とは

脊柱管狭窄症は男性よりも女性に多いとされる症状で、中年以降の年代で発症リスクが高まります。

これは加齢による影響だけではなく、長年にわたって続けてきた生活習慣や動作のクセ、仕事での姿勢などが影響しやすいためです。

たとえば、農作業など前かがみになる姿勢が多かった方、デスクワークや立ち仕事、調理の仕事など長時間同じ姿勢で作業をする仕事に就いていた方は要注意です。

また、意外なのが長年スポーツを続けてきた人で、特に首や腰に負担がかかるスタイルのスポーツは身体にいいようで、実は負担をかけていたということになります。

そのほか、自己流の腰痛ケアが拍車をかけてしまう場合も少なくありません。

たとえば、腰に痛みや違和感を抱くと、腰を捻ったり曲げたりしてストレッチをしてほぐしていた方は、実は腰への負担を増していた可能性があります。

また、足や腰に痛みを感じていながらも、生活に支障がないからと放置し続けてきた方、昔からずっと肥満体型で体重が重く腰に負担をかけてきた方、食生活が乱れていて甘いものを過剰に摂取する傾向にある方もリスクが高まります。

運動不足の影響もり、長時間座りっぱなしで血流が悪くなっている方も脊柱管狭窄症になるリスクが高まるので注意しましょう。

どのような対応が必要なのか

脊柱管狭窄症が疑われる方は病院でしっかりと検査をして、必要に応じた治療を受けることが大切です。

また、狭窄がひどくなるのは骨の位置がズレて周りの筋肉が疲労して硬くなってしまうのが大きな原因です。

筋肉は硬くなると縮んでしまう性質があるので、整体で周りの筋肉を緩めてあげることで狭窄の緩和も期待できます。

狭山市で脊柱管狭窄症ならば、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で自律神経のお悩みならば、かとう整骨院へ②

2019-06-24 [記事URL]

身体の不調の原因は自律神経の乱れかもしれません

異常はないのに身体がだるい

自律神経失調症になってしまうと身体のどこにも異常がないのに不調を感じてしまうことがあります。

診察や検査を行っても異常を発見できず、重度の場合、鬱病を発症してしまうことも少なくありません。

身体の不調や辛い症状を感じていても原因がはっきり分からないと不安に思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

自律神経失調症は、頭痛やめまいのほかにも下痢や便秘を繰り返すなど、さまざまな症状が見られるようになります。

また、過呼吸や過敏性腸症候群なども自律神経が乱れることで引き起こされると言われています。

さらにイライラしたり集中力の低下なども自律神経失調症の症状なので、少しでもおかしいと思ったら早期に治療を行うことが大切です。

自律神経失調症になってしまう原因はさまざま

自律神経失調症は、過度なストレスが原因で発症してしまうことがあります。

ストレスと言ってもさまざまありますが、人間関係のストレスもその一つです。

家族や会社の同僚など人付き合いが悩みになり、大きなストレスを抱えてしまう方も少なくありません。

ストレスを感じる度合いは人によって違いがありますが、持って生まれた性格だけでなく体質や考え方なども関係しています。

自律神経失調症は、自分に合った薬を服用しながら対策することも効果的です。

さらに生活習慣の乱れを改善することも心がけるといいでしょう。

睡眠不足や不規則な時間に食事を摂るといった生活習慣の乱れは、自律神経のバランスを崩してしまう原因になります。

バランスの良い食事を摂ることを心がけ、ぐっすりと眠ることで神経のリズムを整えることができます。

まずは、生活習慣の乱れを改善することを意識し、健康な身体を取り戻しましょう。

狭山市で自律神経のお悩みならば、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


狭山市で自律神経のお悩みならば、かとう整骨院へ①

2019-06-20 [記事URL]

その不調は自律神経失調症かもしれません

自律神経とは

自律神経失調症と言うと、鬱病のような精神的な疾患に思われがちですが、気分的な面に加えて、身体にも不調が出やすくなります。

そもそも、自律神経というのは自分の意志とは関係なく働く機能をコントロールしている神経のことで、私たちが生きていく上で欠かせない機能の司令塔として働いています。

呼吸をする、心臓を動かす、体温を維持するといった働きをサポートしているのです。

自律神経は2つの種類があり、積極的な活動を司る交感神経と、身体を休める際に働く副交感神経があります。

この2つの働きがきっちり動けば、日中は交感神経の作用で活発に動けて、夜になれば副交感神経に切り替わってぐっすり眠れ、元気な身体が保てます。

自律神経が乱れるとどうなる?

不規則な生活や過度の疲労やストレスなどの影響で、自律神経が乱れると眠れなくなったり、不安やイライラがつのって感情のコントロールができなくなる方や、便秘や下痢を起こしたり、肩こりや腰痛、頭痛をはじめ、動機や息切れ、倦怠感や食欲不振などを訴える方も出てきます。

自律神経失調症の原因と対処法

人間関係や環境の変化などのストレスは自律神経が乱れる原因になりやすいので、リラックスを心がけ、過度に考え過ぎないなど肩の力を抜くことも大切です。

また、肩や背中には自律神経がたくさん集まっているので、肩こりが酷いことで自律神経失調症に見舞われる方もいます。

耳鳴りやめまいを感じる方は、それが疑われます。

肉やバターなどに含まれる飽和脂肪酸を摂り過ぎると血流が悪くなって、自律神経が乱れやすくなるので、脂肪過多の食事は控え、代謝を高める亜鉛やビタミンなどを多く含んだ食材を摂り入れてあげるのがおすすめです。

心身をリラックスさせながら血流アップも目指せる整体も、自律神経失調症の緩和に役立ちます。

狭山市で産後の自律神経のお悩みならば、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2990-8188
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME