狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ①

狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ①

尿の切れが悪いなど前立腺肥大にお悩みなら

加齢に伴い気になり出す前立腺肥大とその症状

前立腺は男性にしかない生殖器の1つですが、加齢などに伴い前立腺が大きく膨らんだ状態になると、不快な症状が現れやすくなります。

ご主人やお父様などがトイレに頻繁に行くようになったり、夜に何度も起きたりするなど、これまでとは違った行動が見られるようになったら、単に歳のせいと片付けてしまわず、前立腺肥大による症状だと気づいてあげるのも家族としての優しさです。

3期にわたって症状が進む

前立腺肥大の症状は主に3期にわけて、段階的に進行が進んでいきます。

1期として、トイレが近くなります。

特に夜間のトイレの回数が増えるのが特徴です。

夜間に1回~2回程度は通常と考えていいですが、3回以上になったり、これまでは寝ている間はほとんど起きなかった男性が夜間にトイレに立つことが多くなったりしたら前立腺肥大の可能性が考えられます。

2期に入ると、トイレの回数が増えるだけでなく、尿の切れが悪くなって残尿感を覚えるようになります。

とはいえ、いかに家族であっても、奥様や娘さんには言いにくい症状です。

3期になると、前立腺の肥大がどんどん進んで、尿道が圧迫され、尿量が減ってしまうので注意しなくてはなりません。

膀胱に尿が溜まっても排尿ができず、尿漏れや尿失禁を起こすケースや膀胱炎や腎不全などに発展するリスクさえあるのです。

加齢に伴い、男性の8割以上がなると言われる症状ではありますが、トイレの回数が増えたのは年齢のせいだから仕方ないと思わず、病院に行くことを勧めるなどサポートをしてあげたいものです。

予防のために

前立腺肥大が起こる1つの原因として、加齢に伴う筋力の低下や骨盤のずれなどが影響することも少なくありません。

そのため、整体で骨盤を整えたり、腿の筋肉の調整などを行ったりすることも有効です。

狭山市で前立腺肥大にお悩みなら、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2990-8188
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME