院長挨拶 椎間板ヘルニア

院長挨拶

はじめまして、かとう整骨院の院長、加藤です

狭山市、かとう整骨院の院長

実は私も腰痛持ちでした、、

20年ほど前、仕事で腰を痛め椎間板ヘルニアになりました。その後、足の痺れで歩くのも困難になり、病院では椎間板ヘルニア除去手術を勧められていました。

「もう、一生この腰痛とは付き合っていくのか、、」

数日後、私が今の仕事を始めるキッカケとなった整骨院の先生(私の師匠)に出会います。

手術をせずに、私の身体を回復させてくれた師匠に感謝!

「今度は私が椎間板ヘルニアに苦しんでいる人を助けたい!」
現在の仕事にめぐり逢います。

私自身が椎間板ヘルニアで苦しんでいました。だから常に腰痛の改善法、予防法を考えています。

この経験が皆様の役に立てられるのなら、こんなに幸せな事はありません。

椎間板ヘルニア、足の痛み痺れで苦しんでいる方の中には、お薬やシップ、電気療法などでは効果が出ずらいケースがあります。
そんな場合は私にご相談ください。

あきらめないでください、あなたの椎間板ヘルニア、足の痛み、しびれは、きっと良くなります。

かとう整骨院で腰痛を克服した私の施術を受けてみませんか、あなたのお越しを心よりお待ちしています。

かとう整骨院 加藤 秀明