狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ①

狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ①

足底に負担をかけている女性や偏平足の方がなりやすい足底筋膜炎

足底筋膜炎はどんな人がなりやすい?

足底筋膜炎はランニングやジャンプなどのスポーツによる足底の使い過ぎをはじめ、長時間の立ち仕事や長時間の歩行でも起こることがあります。

靴が足に合っていない、体重が増加して足底に全身の体重がかかって負担をかけている方や運動不足などでふくらはぎの筋肉が硬い方、偏平足の方や土踏まずが高い足の形状をしている方もなりやすいです。

痛みの発生のメカニズムと症状

偏平足の方や土踏まずが高いと足底腱膜の柔軟性が低下したり、足の指の筋力が低下したりしやすく、足し仕事や長時間の歩行やランニングなどによって足底にストレスがかかりやすくなります。

負担がかかりやすくなっている足底のオーバーユースにより、痛みが発生してきます。

かかとの内側前方に痛みが生じ、階段を上る際やつま先立ちをすると痛みを感じやすいのが特徴です。

中年の女性に多く見られる症状としては、朝起床して最初の1歩目に違和感があり、強い痛みを感じますが、歩いているうちに徐々に痛みは軽減していきます。

ですが、1日足を使って歩行量も増える夕方になってくると、再び痛みが強くなるという症状を訴える方がよく見られます。

改善に向けた施術や予防法

アキレス腱や足底のストレッチをはじめ、インソールによる痛みのコントロールも一般的な保存療法です。

適切なインソールを用いることで足底のアーチ形態を補正して、ショックを和らげて足底への負担を抑え、痛みの緩和を目指します。

また、予防法としては足底腱膜の柔軟性の低下や足の指の筋力が低下が起こらないように、足の柔軟性を維持・向上させるのがおすすめです。

ご自身でもできる足首や足底のストレッチ、ふくらはぎのストレッチをはじめ、足の裏でゴルフボール転がす足裏マッサージや足指でタオルをたぐりよせる簡単な方法で足指のトレーニングをしてみましょう。

狭山市で足底筋膜炎にお悩みなら、かとう整骨院へ、ここよりお待ちしています。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2990-8188
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME