【膝の痛み 狭山で評判の技術】かとう整骨院

膝の痛み の改善なら「かとう整骨院」へ

膝関節は、太ももの大腿骨と足のすねにある脛骨、
脛骨を支えている腓骨、一般に「お皿」と呼ばれている膝蓋骨が組み合わさり、
その周囲を関節包で被われて構成されています。

膝関節の図

また、大腿骨と腓骨の間には、関節包から半月版という軟骨が出ていて、
膝にかかる衝撃を吸収するクッションの役割をしており、
膝関節がスムーズに動くように、働いています。

骨には神経がありますが、
軟骨には神経が通っていないので、痛みは感じません。

膝関節は重い体重を支え、足をまっすぐに伸ばしたり、
深く折り曲げたりするなど、運動のときに激しい動きをするため、
厳しい環境で働いている関節のひとつです。

普通に歩いているだけでも、
膝関節には体重の5倍ほどの力が働きます。

膝が痛い

しかし、膝関軟骨や半月版といったクッションがあるため、
通常はそれらが衝撃を吸収してくれます。痛みもありません。

ただ膝関軟骨は、膝関節を動かすたびに少しずつ磨耗していきます。
一度磨耗した膝関軟骨は、もとに戻りません。

身体のバランスを崩した、無理な姿勢で歩行を続けると、
特定の場所に負担がかかり、より早く膝関軟骨が磨耗していくと考えられます。

狭山市 膝の痛み 階段が降りられる

狭山市 膝の痛み 患者さん狭山市 膝の痛み 患者さん

長谷川 裕子様 54才 宅配ドライバー 狭山市

膝の痛み、腫れで膝が曲らなく、病院でヒアルロンの関節内注射を続けたが、全く改善されなかった。

治療前、階段が全く降りられず、2Fの集荷の後エレベーターでおりる始末であったが、今は配達に使った台車をたたんで、持って3Fからかけおりている(笑、やめようと思っていますが、つい時間短縮したくて・・・)

定期的にメンテナンスに通いたいです。これからもよろしくお願いします。

膝の痛み  ホームページ


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2990-8188
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME