四十肩・五十肩

狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ①

 [記事URL]

狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ

50代だけとは限らない辛い五十肩の症状と改善法

五十肩は正式名称ではない

五十肩は肩の炎症の1つで、昔から50代の方を中心に症状を訴える方が多いのでこの名称で呼ばれることが多くあります。

ですが、実際の疾患名は肩関節周囲炎と言い、40代に多いことから名前がついた四十肩も同じ疾患です。

つまり、肩関節周囲炎は60代、70代でも起こりますし、早い方では20代、30代でも起こる症状なのです。

肩こりとの違い

デスクワークや重たい荷物などを持つことで起こる肩こりとは、どう違うのでしょうか。

肩こりは鈍い痛みや違和感が慢性的に続き、肩周りや首を動かしたり、軽くストレッチやマッサージをしたりすると楽になるのが特徴です。

肩の奥にズキズキとうずくような痛みを感じ、腕を動かすとピキッと激痛が走ることがあります。

腕を上げるのも痛くて着替えができない、髪が洗えなくなる方や痛くて眠れないという方もいるほどです。

筋肉の硬直や血行不良によって起こる肩こりに対し、加齢や長年にわたる酷使の影響で肩関節に退行性変化が起こり、細胞や組織が壊れることが原因と言われています。

早めの対応が不可欠

痛みを感じ始めるばかりの急性期の時期に、治療を開始すると治りが早くなります。

放置していると次第に肩の痛みが強くなるので、我慢は禁物です。

急性期に治療を怠り、痛みの発症から4ヶ月から10ヶ月ほどの拘縮期に入ってしまうと、筋肉が固くなって腕が上がらなくなり、日常生活に影響が出る方も少なくありません。

とはいえ、動かさずにいると、どんどん血流が悪くなって改善が望めないため、専門家から指導を受けてストレッチなどを行ったりしてあげるのがおすすめです。

血流を促すべく、ゆっくりとお風呂に入り、身体を温めるのもいいでしょう。

狭山市で四十肩・五十肩にお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ3

 [記事URL]

狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ

肩こりってなぜ起きるの?原因や対策を知ろう!

肩こりの症状

肩こりに悩んでいる人は非常に多いものです。

肩こりの一般的な症状として、肩にまるで石が乗っているような重だるさがあります。

ひどくなると、肩を上げるのも痛くなるケースもあるでしょう。

頭痛や吐き気を併発する場合もあるので、症状が軽いうちに対策を練ることが大切です。

デスクワークや運動不足の人は要注意

そもそも肩こりは、どのような人がなりやすいのでしょうか。

まず挙げられるのが、長時間パソコン作業やデスクワークをしている人です。

そのほか、手先や目を使って細かい作業を行う人も、肩こりになりやすいでしょう。

肩こりは肩回りの筋肉が緊張することや血流が悪くなることが原因なのです。

また、運動不足の人も肩こりに悩む人が多い傾向にあります。

身体を動かさなければ肩回りの血流が悪くなりますし、筋肉も固まってしまうからです。

そのほか、冷え性の人も肩こりを併発しやすくなります。

症状を軽減する対策

肩こりは、肩周りの血流を良くすることが大切です。

またリラックスして筋肉の緊張をほぐさなければいけません。

肩周りに筋肉を付けることも必要です。

肩こりの対策として、誰でも行えることが入浴やストレッチです。

シャワーで済ませるのではなくゆっくりと浴槽に浸かって肩周りを温めてマッサージしましょう。

入浴により、冷えも解消されて血の巡りも良くなります。

またデスクワークの人は、適度に休憩を入れてその間腕を回すなどのストレッチを行いたいものです。

日頃から運動することを習慣付けましょう。

そのほかに、猫背にならないように正しい姿勢を心がけることも肩こりの予防に繋がります。

肩こりは放置しておくと、慢性化してひどくなる一方です。

狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市で股関節痛にお悩みならば、かとう整骨院へ②

 [記事URL]

狭山市で股関節痛にお悩みならば、かとう整骨院へ

股関節の痛みは大きく分けると2つ

股関節に痛みを引き起こす要因は大きく分けると2つあり、変形性股関節症と変形リウマチです。

変形性股関節症は軟骨の破壊と軟骨と骨が変形してくることによって、関節部分で骨がこすれ合って痛みの症状が出るのが特徴です。

関節が炎症を起こしているために、関節部分すべてに痛みが起こる可能性がありますが、これが股関節に起こった場合、立ったり歩いたりするときに痛みが生じます。

関節リウマチも同じく関節にある滑膜と呼ばれる部分が炎症を起こして痛みを起こすことから、これが股関節に出るとやはり変形性膝関節症と同様、歩いたり長時間立ったりする姿勢で痛みの症状が出てきます。

股関節の痛みを起こしやすい人の特徴

変形性膝関節症を起こしやすいのは圧倒的に女性が多く、その理由として男性に比べて筋肉量が少なく、骨と軟骨を守る筋肉が鍛えられていないことが要因の一つです。

筋肉が鍛えられていないと股関節に負担がかかり、痛みを生じるためですが、逆に鍛え過ぎも負担をかけ、痛みを発症してしまいます。

加齢が原因で軟骨がすり減ってきた人も股関節の痛みを発症しやすい人ですので、年齢や運動の度合いによって、股関節の痛みを起こしやすい人がいるのは確かです。

股関節の痛みの対処法

股関節の痛みが比較的軽い場合なら、適度な運動を行うことで筋肉の力をつけ、骨や関節にかかる負担を和らげるという運動療法を合わせて行うのが効果的です。
リウマチの場合は、基本的にリウマチ治療薬による治療が対処法のメインとなりますが、いずれにしても股関節の痛みが気になるときは痛みの原因がどこかを突き止めることによって、対処法も決まってくると言えます。

狭山市で股関節痛にお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 股関節痛① かとう整骨院

 [記事URL]

狭山市で股関節痛にお悩みならば、かとう整骨院へ

股関節の痛みで考えられる疾患

股関節は骨盤と大腿骨のつなぎ目にあり、いわば身体の中心部で上半身や足の動きを司っています。

この部分に違和感を抱いたり、痛みがあると、歩行がしにくくなったり、走ったりスポーツをするのも不安になってきます。

痛みが酷くなれば、仕事や日常生活にも支障を生じる場合があるので、まずは病院で検査を受けるのがおすすめです。

股関節痛で異常が見つかる方の8割は、変形性股関節症が原因であることが多いですが、そのほかの原因としては先天性の股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全であるケースも見られます。

また、変形性股関節症は男女の骨盤の形状が異なることもあり、女性に生じやすい症状の一つです。

変形性股関節症が発症する要因としては、関節のクッションとしての役割や滑りをよくする役割を果たす関節軟骨が何らかの原因で傷ついてしまうことにあります。

軟骨の損傷によって股関節にズレが生じ、筋肉が収縮して神経を圧迫することで痛みが生じるのです。

筋肉の痛みからくる症状も

病院や整形外科での検査で特に疾患が見つからなかったのに、痛みや違和感を抱くという場合、その7割から8割の方は筋肉の痛みが原因であることが少なくありません。

筋スパズムという不随意収縮により、筋肉が硬くなってしまうのです。

股関節の前にあたる鼠径部や内股の付け根、お尻の横が痛いという場合、股関節疾患ではなく、筋肉由来の痛みであることが多いです。

これらの筋肉が痛むのは骨盤の歪みや骨格のバランスが崩れたことが原因であるケースが多いため、骨盤矯正や骨格矯正を行いながら、筋肉を和らげ、血流を促してあげることで痛みが緩和する場合もあります。

まずは無理せず、検査を受け、適切な対応をとりましょう。

狭山市で股関節痛にお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 肩こり② かとう整骨院

 [記事URL]

狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ

肩こりを感じる人が訴える理由は様々

肩こりが辛いと来院される方の訴える内容や、職業や生活習慣は実に様々です。

毎日のデスクワークで肩が凝った、家事や育児、介護が原因だと思う、重い荷物を持つなどの作業や肉体労働のせいだと症状を訴えます。

デスクワーカーをはじめ、主婦や料理人、工事現場の方から、受験勉強が大変だという学生さんまで様々です。

多様な原因からくる筋肉の硬直と血行不良

職業もバラバラで状況や訴える内容も異なっていますが、その根本には共通の原因があります。

同じ姿勢で長時間作業を続けたり、偏った姿勢などで身体に負担がかかり、肩周りの筋肉が硬直したり、血行やリンパの流れが滞ってしまっているのです。

これが痛みや凝りの原因となります。

血流やリンパが滞ると疲労物質や炎症物質が排出されずに、痛みを発したりします。

また、筋肉や組織に栄養や酸素が行きわたらなくなるので自然治癒力や身体の防御作用なども低下して肩こりが慢性化していくのです。

骨格の歪みが影響している方も

動作の癖や姿勢の悪さ、筋力の低下や生まれつきの骨格により、骨盤の歪みが生じたり、歯並びが悪いと身体全体の骨格のバランスが崩れたりして、肩こりの原因になることもあります。

この場合も、骨格の歪みにより、血流やリンパの流れが圧迫されて、自然治癒力の低下や筋肉の硬直が起こることが原因です。
肩こりを改善するには

肩こりの改善をしたいなら、肩周りを中心に硬直した筋肉を緩め、血流やリンパの流れをスムーズにしてあげることや、骨盤の歪みをはじめ、骨格のバランスを整えてあげることが望まれます。

そのうえで、姿勢の悪さを改善したり、作業中の姿勢に気を配ったりして身体に負担がかからないようにし、長時間同じ姿勢を続けないよう、適度にストレッチなどを入れていきましょう。

狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 肩こり① かとう整骨院

2019-04-26 [記事URL]

狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ

肩こりとはどんな症状のことを言うのか

肩こりの症状は人によっていろいろですが、肩が重い、肩周辺が痛い、さらに肩だけでなく肩甲骨周辺までこわばって痛みがあるといった症状です。

肩甲骨周辺まで痛いというのは、肩こりが僧帽筋と呼ばれる肩甲骨周辺にある筋肉がこわばり、血行不良を起こしていることから、筋肉の緊張とこわばりによって痛みが引き起こされるためです。

そのほかにもひどくなると頭痛や吐き気がするといった症状も出てきますので、こうなるとたかが肩こりとは言っていられなくなります。

肩こりになりやすい人がいるという事実

現代人の身体のお悩みの1番は肩こりと言われていますが、中には肩こりとは無縁という人もいます。

実際のところ、肩こりになりやすい人がいるというのは事実で、二足歩行が肩こりをひどくしているということが分かっています。

そのため、ずっと立ちっぱなしの仕事をしている人や、逆に座りっぱなしで同じ姿勢を長時間続ける人も、肩こりになりやすい人に共通する特徴です。

また、冷えが血流を悪くして筋肉に疲労物質をどんどん溜め込んでいくため、冷房の効いた部屋に長時間いる人も肩こりになりやすいと言えます。

肩こりの対処法

肩こりの根本的な要因は、筋肉のこわばりです。

筋肉のこわばりは血行不良によって起こり、血行不良が疲労物質を溜め込むという悪循環に陥って肩こりをひどくするため、とにかく血行を良くすることが大事です。

さらに、姿勢の悪さや長時間パソコンをすることによって起こる眼精疲労も肩こりの原因となっているため、適度に運動をして身体を動かし、目を休めることが肩こりを緩和するのに効果的な対処法と言えるでしょう。

さらに、ストレスも要因となっているため、適度なストレス発散も大事です。

狭山市で肩こりにお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 脊柱管狭窄症

2019-04-23 [記事URL]

【脊柱管狭窄症】5分も歩けなかったのに、30分歩けた
SaoriさんSaoriさん
狭山市 Saori,M様 (女性)42歳 介護職

① どのような症状(痛みや悩み)で来られましたか?

脊柱管狭窄症(産後も重なり)とにかく歩けなくなり、立っていることも出来ない状態でした。

② その症状を解決するために、どのようなことをされてきましたか?

薬を飲んだり、リハビリしていました。

③ 当院を知ったきっかけは何ですか?

インターネットで見つけました。

④ 施術前と、施術後(現在)と比べてどうでうですか?

現在11回目ですが、1回目から、本当にビックリしています。

5分も歩けなかったのに、1回目の治療後は30分くらい歩けてました。

4~5回目には赤ちゃんを抱っこしても、ちゃんと歩ける自分にまたまたビックリです。

あの痛みが、うそみたいになくなり今は、再就職に向け頑張って動いています。

⑤ 一言メッセージをお願いします。

「初診時に何回通う?」と聞きました。「2カ月くらいかな、」この言葉を信じ通い続け

本当に2カ月後、歩けるようになりました。毎回先生の大丈夫ダヨ、歩けるから!その言葉にいやされました。

先生に出会えて本当に助かりました。

ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。


狭山市 膝の痛み② かとう整骨院へ

2019-04-20 [記事URL]

狭山市で膝の痛みにお悩みならば、かとう整骨院へ

膝痛の原因

膝の関節周辺が鈍痛がして、曲げ伸ばしがしにくくなるのが一般的な膝痛の症状です。

具体的には、正座ができなくなったり階段の昇り降りが辛くなったりします。

ひどくなると歩行困難になる人もいるでしょう。

こうした膝痛は、軟骨がこすれて減ることで生じるケースが多いです。

軟骨に異常が起きる原因として、まず第一に挙げられるのは加齢です。

膝が痛くて階段を上れなくなってしまう高齢者はたくさんいます。

また交通事故やスポーツなどで膝の半月板が断裂して、膝が痛むこともあります。

スポーツ選手の場合は、使い痛みもあるでしょう。

どんな人が膝が痛くなるの?

膝痛が生じやすいのは、上にも述べましたが高齢者がまず挙げられます。

さらに、地面に着地する体勢が多いスポーツをする人にも多い傾向があります。

例えば長時間走り続けるマラソン選手は、膝を痛めやすいです。

またジャンプすることが多いバスケット選手も、膝痛に注意しなければいけません。

スポーツ全般において、オーバーワーク気味の人も膝痛になりがちです。

そのほか、タクシードライバーなどずっと運転している人も、膝を痛めて半月板に水が溜まることがあります。

予防法と対策

膝痛を予防するためには、膝周りの血流を良くすることが大切です。

スポーツをする際にも、事前にしっかりと屈伸運動やストレッチをして、身体を温めて膝周辺の血流を良くしてから始めるようにしましょう。

できるだけ着地地に膝に負担がかからないようなフォームで走るなどの工夫も必要です。

高齢者はカルシウムやコラーゲン不足も、軟骨の減少につながります。

牛乳や小魚などしっかり食べるとともに、適度に日光に当たってカルシウム不足にならないように努めましょう。

膝痛が悪化して歩けなくなる前に、整骨院で適切な施術とケアを行いたいものです。

狭山市で膝の痛みにお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 膝の痛み① かとう整骨院

2019-04-17 [記事URL]

狭山市で膝の痛みにお悩みならば、かとう整骨院へ

膝痛の原因は年代や環境によってもさまざまです

膝が痛くなる原因とは

膝に痛みを感じる原因はさまざまなことが考えられます。

10代では身体の成長スピードに骨の成長が追い付かずに起こるオスグッド、いわゆる成長痛やジャンパー膝、ランナー膝などスポーツによる膝の酷使が原因で起こるスポーツ障害による膝の痛みも考えられます。

また、関節リウマチや痛風などの疾患が影響する膝痛もあるので注意が必要です。

さらにシニア世代になると加齢による変形性膝関節症で、歩くのが辛いと訴える方が増えるのが特徴です。

その原因の1つとして、関節にあるコラーゲンの減少が影響しています。

コラーゲンの量は20代をピークに徐々に減少すると言われており、60代では20代の半分、70代では3分の1まで減少してしまいます。

コラーゲンが減ることで、膝関節の柔軟性が失われて膝が曲げにくくなったり、関節がこすりあったりして痛みを発生させるのです。

対処法

膝の痛みを緩和するには、まずは膝関節周囲の筋肉の緊張を緩めて、血行を促し、炎症物質を排出させていくことが望まれます。

痛いからと歩くのを控えてしまったり、引きこもりがちになってしまったりすると、筋肉量も低下し、膝関節の動きがより悪くなってしまうので、適度に動かしてあげることが求められます。

1人では不安な方や痛くて辛いという方は、整体を通じて無理なく動かしていくことがおすすめです。

筋肉や関節に刺激を与えて血行を高め、関節の動きをサポートしていくようにするといいでしょう。

狭山市で膝の痛みにお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 ぎっくり腰② かとう整骨院

2019-04-14 [記事URL]

狭山市でぎっくり腰にお悩みならば、かとう整骨院へ

ぎっくり腰になったときはどうすればいい?

ぎっくり腰のつらい症状

重い物を持ち上げたときに腰にギクッと衝撃が走った瞬間、痛みのために立てなくなったり動けなくなったりするのがぎっくり腰です。

突然なるので防ぎようがないところが何とも恐ろしく、欧米などでは「魔女の一撃」などと呼ばれています。

日本風で言うとしたら「鬼の鉄拳」とでも言ったところでしょうか。

ぎっくり腰になると寝返りをするのもつらく、前かがみにもなれないので顔を洗うのも一苦労です。

くしゃみをしたり笑ったりしても腰に響きますので、お笑い番組などはくれぐれも見ないことをおすすめします。

疲れている人は要注意です

ぎっくり腰になるときは疲れがたまっていたり、睡眠不足や栄養不足になっていたりするときが多いのです。

筋肉が緊張していることも原因になるので、最近疲れているなと感じたら注意しましょう。

もしかすると痛い一撃を食らうかもしれません。

ほかにも姿勢が悪い状態が長く続くと腰に負担がかかるので、状態が悪いときに重い物をよく持ち上げるような動作をするとぎっくり腰になりやすいと言えます。

腰が張るなどの違和感を抱いたら、くれぐれも気を付けてください。

ぎっくり腰になってしまったら

なりたくなくてもなってしまうぎっくり腰、

炎症があるときはお風呂で温まると余計痛くなるので、ぎっくり腰になったときは入浴はしないでまずは安静第一です。

2日か3日ほどしてある程度痛みが引いたら、お風呂で温めるのも効果があります。

このときのお湯の温度は38度くらいがおすすめです。

狭山市でぎっくり腰にお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 ぎっくり腰① かとう整骨院

2019-04-11 [記事URL]

狭山市でぎっくり腰にお悩みならば、かとう整骨院へ

突然の辛い痛みからの回復と再発予防が大切

■ある日突然動けなくなる

ぎっくり腰は立ち上がろうとした瞬間や重い物を持ち上げようとしたとき、中にはくしゃみをしたときなどに突然として腰に電気のような痛みが走り、動くことができなくなる痛みが続く症状です。

ぎっくり腰を発症すると、まさにその瞬間から仕事も家事も難しくなり、しばらくは何もできずに寝たきりになる方も少なくありません。

急性腰痛とも呼ばれ、長年にわたって肉体労働や長時間のデスクワークなどで過度に腰に負担をかけてきた方や肥満などで腰に負担がかかっている方が、荷物を持つ、立ち上がるなどの動きをした瞬間に、これまで頑張ってきた腰が一気に耐えられなくなって壊れるといった感じです。

■まずは安静にして身体を冷やさないように

無理は禁物なので、仕事も家事もスポーツなどももちろん休んで、安静にして、カイロや湯たんぽなどで腰回りを温め、血行を促してあげることが大切です。

整体や鍼灸などの手技もおすすめなのですが、そもそも来院が難しいのが実態です。

出張で施術を受ける方法も1つですが、その対応が難しい場合には、少し状態が収まったところで家族の助けなどを借りて来院し、専門家に診てもらうと辛い痛みの緩和が期待でき、回復も早くなります。

■再発予防も大切

もっとも、回復したからと安心してはいけません。

ぎっくり腰は一度なると繰り返しやすいのも、厄介な特徴です。

油断していると、またある日突然、グキッという痛みが走ることになりかねません。

物を持ち上げる際や立ち座りの姿勢に配慮して、腰に負担をかけないように動作を心がけるほか、身体を冷やさない、血行を滞らせない、筋肉を柔軟に保つなどが求められます。

整体で定期的なメンテナンスをしておくのも予防に最適です。

狭山市でぎっくり腰にお悩みならば、かとう整骨院へ、こころよりお待ちしています。


狭山市 産後の骨盤矯正

 [記事URL]

【産後の骨盤矯正】二人目の時も通います!
患者さんK.O患者さんK.O
K.O様(女性)30代 看護師 狭山市

① どのような症状(痛みや悩み)で来られましたか?

産後の骨盤矯正の歪みによる腰痛、膝通、股関節の違和感

左手首の痛み

② その症状を解決するために、どのようなことをされてきましたか?

ストレッチ、ヨガ

③ 当院を知ったきっかけは何ですか?

ホームページ

④ 施術前と、施術後(現在)と比べてどうでうですか?

産後4カ月に入り、とにかく全身が痛くなりました。股関節の違和感(歩き始めが痛い)に関しては、

1回の治療で良くなりました。腰と膝、手首はまだ痛みはありますが、

確実に良くなっています。治療毎に良くなるのを実感しています。

⑤ 一言メッセージをお願いします。

1カ月程は痛みを我慢していましたが、先生の治療を受けるたびに良くなっているため、早く来れば

良かったと思います。何より、子供と一緒に来れることや治療中も子どものことを気にかけて下さって

本当に助かります。そして、治療毎に良くなるので不思議で仕方ありません(笑)

おかげ様でだいぶ良くなったので、2人目の時も通います!!よろしくお願いします。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2990-8188
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME