スタッフブログ

狭山市 整体 ぎっくり腰、寝違え、急性の首・肩・腰の痛み3

 [記事URL]

採り上げるの私含め、皆様にも結びつきしてくる確率のある投稿がございましたので占有率させていただきます。

ワールドワイドのトレンドリーダーとして注意を集める英王室のキャサリン妃(33)がよく着用する事ではやるに火が付いた脚に最適張り付く細身の「スキニージーンズ」をめぐり、衝撃の研究論文が23日、英医学誌に公表された。

スキニーをはいて長時間しゃがんでいると、筋肉や神経に障害が起き、歩行困難になるというのだ。

細いジーンズを無理やりはくと、とんでもない事になると論文は警告している。

■しゃがみ続けて筋肉損傷 論文は、豪州のロイヤル・アデレード病院の医者らによるもので、英誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」の電子版に掲載された。

アデレードに住む35歳の女の症例を取り上げている。

それによると、この女子はスキニージーンズをはいて、身内の引っ越しを手伝っていた場合、食器棚から物を取り出すために数時しゃがみ続けた。

夜になって我が家に帰る途中、足の感覚がまひし、つまずいて転倒。

デフォルト動けなくなった。

彼女はもうに病院に運ばれたが、どっちものふくらはぎはジーンズが脱げなくなるほど膨れ上がり、血液が循環せず、膝から下の感覚がなくなり、足首や爪先を動かせなくなっていた。

検査の結果、筋肉障害の指標となるクレアチンキナーゼ値が高騰していた。

点滴をうけて元通りに歩けるようになるのに4日もかかったという。

論文は、スキニージーンズをはいた窮屈な状況で長時間しゃがんでいた事で筋肉や神経が損傷し、血流が滞り重篤な障害が起きる「コンパートメント症候群」になったと所見した。

論文執筆者の一人であるトーマス・キンバードクターは、豪紙オーストラリアン(電子版)などの近場メディアに「彼女が病院に着いたケース、ふくらはぎの張れは深刻かつ異常で、ジーンズを切断しなければ脱がせられなかった」と、その頃の状況を証言。

「病院で治療していなかったら、彼女は歩行に一生、支障をきたす神経障害に陥っていた。

筋肉の損傷は腎臓の損傷につながる確率もあったが、手当てが早く大事に至らなかった」と述べ、極めて深刻な症状だったと強調した。

どうでしょうか? 近頃特に多く見受けられるので、以前大きく上乗せした投稿を再び占有率致しました。

多くの皆様は(当院のクライアントにはほぼ皆様にうるさくお話しています)、衣服など体の痛さに係りするはずなかろうと思われている方が全くだと考えます。

上文は極端ではありますが、似た例で(密着した衣服、下着により)当院でも、昨日まで全く何ともなかったのが突然今日になって激痛が・・という新患の方も多く見受けられます。

その上激痛ですが、もう、痛苦しいです。

上述に類似し、健康状態が見過ごせない方はツーサイズ大きめ、空気が入るくらい大きめの下着、衣服をお勧めしております(当然女の方はできない事もありますが)。

来院された場合は検査にてわかりやすく、客観的に解説いたします。

最高はご本人にお理解いただけ頂く事が何より近道で、していただいた分は負担減になる事バックアップします。

もう、苦しいつらい考えはごめんですよね。

 


狭山市 整骨院 整体 急性の腰痛、首・肩の寝違い

2017-08-19 [記事URL]

先日は、急性の腰痛、首・肩の寝相違について、症状を発した皆様に共通する事がありました、と伝えました。

見所は大きく分類て3点。

1.体質、ストレス耐性が特に強い方。

2.炎症物質を体内処理する為の水の摂取不足。

3.お顔(特に目線等)が下に向いている事がありきたりになっている事例。

この中で、体質、ストレス耐性が特に強い方についてお話いたします。

いつも、体、精神が強い事は非常に良い事だとされています。

けれども、当院に来院される顧客は急性の症状を伴って、強い方ばかりが強く痛めて来られます。

強い方は相当疲労(物質)をため込んでも、苦痛は感じず(私は、体の配慮信号又はセンサーと言ってます)、せいぜい疲れが抜けない、直ちに抜けるだろうと位にしか感じません。

なので、それ以上の負担を出来てしまうのでかけてしまう、すると、大きく蓄積された疲労がいっぺんに決壊して体をこわしてしまいます。

反対にもうに苦しみを感じる方、もうに体の用心信号に引っかかる方は疲労がため込まないうちの処置ができるなケースがあります。

来院されているクライアントには、わかりやすいのでペットボトルで解説しています。

(言語での解説はややこしいので) いつもあまり腰、首、肩を痛める事はないけど、痛めるケースはぎっくり腰、寝異なる点ばかり、と言われる方は該当する見込みがあるので、現在のタイミングは特にお注意を払っていただきたいと考えます。

何に気を付けたらいいの?いつも如何にしたらいいの?あと一歩くわしく聞きたい、と思われる方は何とぞご来院頂きたいと考えます。

今週は、特に急性若しくは痛さの強い腰・首・肩の症状の初診の顧客が続きました。

その中で皆様に、ほんと皆様に共通する事がありました。

秘訣は大きく区分て3点。

1.体質、ストレス耐性が特に強い方。

2.炎症物質を体内処理する為の水の摂取不足。

3.お顔(特に目線等)が下に向いている事が常識的になっている時。

あ、私の事?と思われる方もいられる事かと考えますが、これに密着性の高い衣服を含めると、どこの苦痛でも回復しない前提が出そろいます。

2.と3.は度々大きく上乗せしていますが、1.については(過去一回大きく上乗せしてました)余り解説していなかったですよね。

今後の頃合、大いに大切なので1.2.3.とも順を追って改めて解説してゆきたいと考えます。

 


狭山市 整骨院 整体 体のゆがみからの頭痛、肩こり、腰痛を防ぐには

2017-08-19 [記事URL]

当院では体のゆがみ、歪みから来る腰痛、肩こり、頭痛、腕・足の神経痛の対処をお願いされる方が多く来院されます。

女子が多く、学生の方から主婦、法人員、経営者の方と多様の方を診せてもらっています。

体のゆがみ、お顔のささやかなゆがみ、ウエストライン、足の太さ・・等、他の方から見たらなんで、その位で?と思われる事もご本人様にとりましては、相当深刻な苦しみです。

ゆがみというものは、体が左右非対称である以上誰にでも影響します。

ただし、その許容範囲を超えた段階で佇まいや体の変調を訴えられます。

かみ合わせの問題、血流、リンパの循環力の低下、水分の摂取量の不足、エネルギー(栄養分)不足、顎関節症、姿勢、目線の問題等、10人いれば10人とも違うきっかけを抱えておられます。

ただし、皆様に共通する事があります。

脳、体の疲労をため過ぎて体内の熱処理が追い付いていない事。

これにより体の膨張、筋肉が硬くなる事による支持力の低下を引き起こし、どんどんゆがみが進行し、どんどん不自然さ(疲れ、体が重い)が強くなってきます。

感覚に表れてきた時、佇まいが心配になり開始出来た時は用心信号の進行形。

更に疲れが抜けない・・、いつも痛まないところが痛む・・、朝起きた時何かおかしい等、感じられましたら事例により、痛さが強い症状が現れる前触れの確率大です! 皆様、お忙しい定期的かと考えますがおやすめになる事(脳、体を)、できておられますか? 中々できない方も、どうかご念頭に置いていただけたらと思うとともに、お時の厄介な方、気に掛かる方はご折衝くださいませ。

仙腸関節は、関節という名前が付けられているのに
動かない関節だとお医者さまの間では考えられてきました。
しかし、20年くらい前より産婦人科のお医者さんの報告などにより、
数ミリ以上動く関節だということが分かってきました。 実はこれがとても重要なのです。
何が重要かと言いますと
仙腸関節のずれが腰痛の原因になっていることが段々と分かってきたからです。
仙腸関節は仙骨と左右にある腸骨をつなぎ合わせて
骨盤の形を作っている大切な関節です。
骨盤は、頭や背骨を支えて足腰を動かす大切な体の土台です。
骨盤が歪むということは仙腸関節がズレているということです。
でなぜ仙腸関節は動かない関節と思われてきたかというと、
これにも理由があります。
人間の体の中で最も強い靭帯(じんたい)で何重にも巻かれているためです。
骨盤の前は前仙腸靭帯、骨盤の後ろは骨間仙腸靭帯、さらに後仙腸靭帯と、
とにかく何重もの強い靭帯で守られています。
このように、たくさんの靭帯で強く守られた骨盤がゆがむと、
ちょっとそっとでは元に戻りません。
では、なぜこんなにも強い骨盤がゆがむのかというと理由は1つです。
それは日頃の姿勢のあり方です。


狭山市 整骨院 整体 ストレスからの腰、骨盤の痛み

 [記事URL]

今日、先月末から今日まで、腰、骨盤部に苦痛が強く、体を動かすのも痛い、何をしていても痛い、他で治療を受けたけど苦しみが引かない、との症状の初診のクライアントが来院されました。

で、検査、施術、検査、施術と進めていくと体のゆがみから来る負担は抜けているはずが、起きてみると、又は起き上がる時苦痛が強いとの事。

けれども、ぎっくり腰と、あるいは急性の炎症性の痛さとも異なるようです。

その時点で思い立つのはとどのつまり、体のゆがみ、体の負担(疲労物質、炎症物質等の作用)だけがきっかけではない事。

なお検査を進めると、頭のストレス検査(軽い圧を加えます)により腰、骨盤部はもとより体全部に反応あり。

この段階で相当疑いあり。

それに関連する検査にて相当な反応を現しているので(結びつきしない時は検査では全く反応しません)現症状との因果関連は相当あり。

ケースによっては体のゆがみから以上の負担、症状を発する事もあります。

きっかけは?との問いには、人により異なる点ますが、顎から発する収縮力、目線(目力)により、定期的業務の事を思考、我が家ではいつも家事業務の事を思考等による体の凝縮作用等・・もう、多彩です。

明確言える事は、体の仕組み的な(筋肉、骨格、関節等)負担をよくしても回復しない時は、こうしたストレス(頭の緊張、交感神経の過度の亢進)、さらに進んでゆくと頭内の形状記憶による影響も係りしている見込みはかなり疑われると思われます。

この事例の痛さは、苦しみというよりは苦しい痛さとして発症します。

因みにこの処置(ストレス反応の抑制)によりかなり苦痛の除去がはかられ、歪みの修復にも大変役立っております。

顧客にお聞きしますと、「まさか、こんなところが結びつきするなんて・・」と言われる方、「何となく言われると分かる気がする」と言われる方、各々にいらっしゃられます。

(断っておきますがご本人様に分かるような客観的な検査を行った結果のご反応です) 仮に、お困りの方若しくは自分の手の届く範囲な方でいらっしゃられましたら、早急の処置が必須かと思われますのでお声をかけてくださいませ。

 


狭山市 産後のケア、産後のストレス除去、骨盤調整

 [記事URL]

日の顧客、分娩後左足が開かなくなり、苦しみもひどくなってきたので我慢できなくなりご来院されました。

  昨日の「悪いのはどこ?」につながるので、その時の模様をお話します。

 足が開かないとなると骨格的には前・内側だと恥骨、外・後ろ側だと骨盤・股関節・体幹の回転不足等たくさん腹積もりますが、検査していくと形体上の異常はなし。

 でも左足は確かに開きません。

 いちからきっかけを調査していくと、衣服の密着性(ストレッチデニム)が一番目の問題。

 大きめの履物にお着替え頂き再び検査。

すると、水分不足にて疲労熱による筋肉の硬化がみられるため、熱処理のため水を採っていただく事に。

 引き続き検査してゆくと悪い側は苦しみのある左足ではなく右側全般。

お伝えしたところ「えっ、痛いのは左ですけど?」 理解いただけます。

10人いれば10人の人が同じ事言われますからね。

 更にストレス検査にて頭の緊張から体に対し反応あり。

 手軽にな頭の初期化法を行うと動かなかった左足がすぐに動き、反対に右足が硬くなる形に。

 私:「これが通例の形ですよ。

」 クライアント:「え〜っ、うそー!?」 そのほかの検査により的確なステータスを理解できたところで、これから初めて施術に入ります。

 施術後は充分に改善しますが、今後大事な事を指導して初回の施術を終えました。

 今日相当価値があるだった事は、分娩後という事で相当定期的が忙しく、頭が閉まりっぱなしであった事。

現実に定期的が大変なところがデフォルト脳を通して体に現れているようでした。

 因みに、頭は体のスイッチと私は定義づけています。

 ここは大きな秘訣。

 もう1つは衣服。

吸いつく衣服は体内圧を上げ時として激痛、又は痛さのきっかけ箇所を全く違うところに生じてさせたりします。

 ここも大きな極意。

 もう1つは水の摂取。

支出される分が多々あるだけに多めに補給で来る事が望ましいところです。

 因みに水は体の構成に相当必須であると並行して冷却水の働きもします。

体内の熱処理には非常に相当欠かせません。

  体のゆがみあって現れてする、おっしゃる通りその通りですが、今度は苦痛が更に増幅される事で強い症状を引き起こしたとみております。

 こちらの顧客同じく、意外なところ、まさかこんな所が関連しているとは・・という事は決して滅多にはないのです。

 ご来院の場合は改めて状況にそってご解説させて頂きます。


狭山市 整骨院 整体 腰痛で動けない場合

2017-08-10 [記事URL]

度々往診、若しくは出張整体にでる機会があります。

そして、救急的に急な強い腰痛のために伺う事もあります。

きっかけは多岐の渡ります。

転倒によるケース、朝起きる事例いきなり、階段から落ちた・・等、時によって諸々あります。

もちろん、そのシーンにより処置の仕方が変化します。

早く処置が不可欠なケース、炎症症状が非常に強く処置よりも安静、冷却のみを優先する事例、病院に検査を申し入れする事例(但し、痛くて動けないので病院と折衝する事あり)、多様な事が想定されます。

最初に如何にしたらよいか?の問いには先に記載しました通り、多様な事が想定されますが、普通には、断っておきますが可能なならばとの前提の中で処置可能なならば早ければ早いほど回復は早いです。

無論、そのときはご連絡くださる不可欠がありますが、様子をみて反対に痛さがひどくなる人を多く診てきました。

最初に何を優先すべきかの観点に立ち、トップベストな方法をとって参りますので、苦しい考えをなされている方は早く回復に導きますので、早急にご連絡くださればと考えます。

今週は定期的寝違え、ぎっくり腰の方の来院が続いております。

どっちも私も経験した事ありますが、痛さと苦しみで相当苦しい考えをした事を実際でも覚えています。

朝、体を起した時、洗顔時かがめた時、くしゃみした瞬間等・・痛め方は皆様各々相違ますが、反対に皆様に共通している事(痛めやすくする別のきっかけ)があります。

・ 就寝時、半そで、短パンで寝られる方    現在の頃合でもこの事例まだ多々あるです。

うす−くていいので長袖、長いはき物、その上だぶつく位大きめがベストです。

・ お顔、口元に力が入り易い時。

若しくは口を閉じている事が多々ある時。

ここは体のスイッチのようなもの。

力が入ったまま解除されず、体がオーバーヒートしてしまいます。

・ 体を休める事が中々できないケース  体内の炎症物質、疲労物質の現れて量に対し処理が追いつかなくなります。

これが続くと体がパンクしてしまいます。

・ 水分の摂取量が極端に少ない事例  血流、リンパの流れの勢いが弱くなり、痛さが取れにくくなります。

他に不規則な食事、睡眠時、運動不足等諸々ありますが、今後頃合の変わり目特有の悪くなるパターンは上述のとおりです。

なぜ?との声もきこえてきそうですが、それは来院されたユーザーには一通り解説しております。

懸念事項な方、心もとないな方、痛めた経験のある方はお手軽にご連絡下さいませ。

来院された場合はわかりやすくご解説いたします。

 

 


狭山市 体のゆがみ 慢性の肩こり、腰痛について

2017-08-09 [記事URL]

当院では、皆さんが腰に痛みを感じない暮らしを再び送れますよう全力でお手伝いさせていただきます。

皆さんがはじめに腰の苦しみを感じた頃は、「まだ、この程度の痛さなら我慢可能なし・・・・」と思われて、特に対策は講じてこられなかったのではないでしょうか。

私たち人間の体は思っているよりも理不尽がきくようにつくられています。

ただし、そのお陰で体に異変を感じたとしても「放っておけば治るだろう」という安易な腹積もりをしてしまい、ついつい体のケアを怠ってしまいがちです。

苦痛は、体を守るための警戒仕組みです。

それを無視して、苦痛に耐える暮らしを永らく続けてしまうと、状態はどんどん悪化していきます。

「異常があるから苦しみがある」という事を忘れないでください。

腰の苦しみには急性痛と慢性痛と二種類に分ける事ができます。

急性痛とは、やけど、肉ばなれ、骨折、ぎっくり腰(捻挫)などなんらかのきっかけによって突然苦痛におそわれるもので、どこが痛いか直ちににわかるものです。

一方、慢性痛は長年の蓄積によって苦しみが生じ、徐々に進行していくものです。

自覚しにくいものではじめは問題なしと思っていても次第に普段暮らしにも支障をきたすようになり、ひどくなると動く事ができない事例もあります。

いつもと疲れが抜けにくい、このところ朝起きるのがつらい、いつもこんなところ痛くならないのに、と引っかかる事例は体の警告信号であるケースがあります。

ですので、お早目の対処をお勧めいたしております。

二週間前から右腕が上に挙げられないとの訴えで本日来院された方のお話です。

病院でレントゲン、MRI検査するも異常なし。

お医者様に、異常ないのになぜこうなるのか、の問いにも痛かったら注射しましょうか?との事で、きっかけわからず。

ホームページを見てきっかけを特定するとの事で、腕が挙がるようにと、なぜ?きっかけが知りたいとご要望であります。

(なぜ?きっかけの特定はとても価値があるな事であります。

) 肩関節の検査をするも、おっしゃる通り形態上の異常はなし。

関節は順応しています。

では、体は充分にと腕を挙げる場合の負荷を支持出来ているのか?を調べると骨盤、足が疲れて筋肉が凝縮しており、体幹を介し腕を支え切れていない・・との事で体総体、特に骨盤、足をすり合わせすると、一番目より挙がるもまだ不十分。

得てして、どこへ行っても回復しない時はこの様にパフォーマンス面、形態面にしか目がいかない事例が全く、頭部のストレス検査を行うと陽性を示し、直ちに処置。

すると、最後のところで鍵がかかったように腕の挙がりがカチッと止まっていたのが、すーっと挙がるようになるとともに、ご本人様も一言、「うそ・・」 所謂ストレス性といわれるものではありますが、おおかたご本人には自覚がない事例がとても多々あるです。

(頭と体が休められないために起こる事が大いに多々あるです) なぜこうなるのか、と解説するに際し、口で言うより実のところに検査し、ご本人にも体感してもらう事により、ご解釈をして頂く事ができます。

回復は当然、なぜの問いにも検査で表せる事例は極力示せるようにやりたいと考えますので、何なりとお尋ねくださいませ。

 

 


狭山市 ぎっくり腰、寝違え、首・肩・腰の痛み、腕・足の神経痛

2017-08-08 [記事URL]

突然暑さが増し、定期的寝違え、ぎっくり腰の方が来院されております。

どっちも私も経験した事ありますが、苦痛と苦しみでかなり苦しい考えをした事を実際でも覚えています。

実際の頃合大変必須なので、過去の文章を部分あげながらお話したいと考えます。

朝、体を起した時、洗顔時かがめた時、くしゃみした瞬間等・・痛め方は皆様各々差異ますが、反対に皆様に共通している事(痛めやすくする別のきっかけ)があります。

・ 就寝時、半そで、短パンで寝られる方    この時とても多々あるです。

うす−くていいので長袖、長いはき物、更にだぶつく位大きめがベストです。

毎年現在のタイミングには絶対これがきっかけで激痛を発する方がいらっしゃられます。

・ お顔、口元に力が入り易い事例。

若しくは口を閉じている事が多々ある時。

ここは体のスイッチのようなもの。

力が入ったまま解除されず、体がオーバーヒートしてしまいます。

・ 体を休める事が中々できない時  体内の炎症物質、疲労物質の生じて量に対し処理が追いつかなくなります。

これが続くと体がパンクしてしまいます。

・ 水分の摂取量が極端に少ない事例  血流、リンパの流れの勢いが弱くなり、苦痛が取れにくくなります。

どんなに強い体も冷却水がたりなければオーバーヒ−トしてしまいます。

多く摂取しているつもりでも、それ以上に支出される量が多々ある時もありますので用心が必須です。

他に不規則な食事、睡眠時、運動不足等諸々ありますが、今後暑い頃合特有の悪くなるパターンは上述のとおりです。

なぜ?との声もきこえてきそうですが、そこそこ充分にとした解説が必須なので、それは来院されたユーザーに一通り解説しております。

懸念事項な方、心もとないな方、痛めた経験のある方はお手軽にご連絡下さいませ。

来院されたときはわかりやすくご解説いたします。

一か月ほど前、腰痛と足のしびれがひどく、病院で検査をしたところ異常なし、そんな訳で当院に来院された方の場合です。

最初は体のゆがみ・傾きが強く、炎症・疲労物質処理の為の水、神経の電気信号に不可欠な分の電解質不足等、多彩なきっかけが診受けられました。

けれども、明確している事は結局、腰の骨、椎間板、椎関関節には形態上の異常はないという事。

最初週に2回の通院から、改善の度合いに応じ週一に、10日毎の通院にと移り変わりするに伴い、明確してきた事がありました。

こちらの顧客のケース、骨格のゆがみがきっかけではなく、頭の意識力、思考力が非常に強く頭に向かって体が傾いた結果、腰・足に強い痛さ・しびれを引き起こしたものだと判明。

それに向けた施術を行った結果、改善に向かいました。

普通、OO力というと腕力、脚力、腹筋力等といった筋力が思いつくところですが、それ以上の力を思考力、意識力といった脳から発する力は時として体を傾けるほどの力を発揮する事があります。

皆様は体、頭を休ませられていますでしょうか? この場合、かなり強烈な症状と、病院で検査をしてもきっかけが思い当たらないといった事が多々あるので二重の精神的負担を被る事になります。

長い間おモヤモヤの方は、何とぞご折衝いただきたいと存じます。

 

 


狭山市 整骨院 体の疲労からの首・腰痛、肩こり、頭痛

2017-08-08 [記事URL]

首・腰痛、肩こり、頭痛は頃合、どんな負担によるのかを問わず普段起こりうるものであります。

けれども、よく検査を進めていくとそのポイント特有の負担、ストレスにより現れてさせてしまう時を特に今回は診受けられます。

例を挙げると、どの症例も絶対はじめは体の負担がいっぱいいっぱいになり、第二にその方その方にとっての弱点部に及んできます。

良く見受けられるのは、・ 頭痛、首の痛さに対し体いっぱいの疲労から腰、下半身の疲労に及び、下から負担が突き上がる事により現れてする場合・ 腰痛に反対には体いっぱいの疲労から肩、腕に疲労が及び、そこから肩・腕の負荷により体が傾き歪みが進行する時等他もたくさんありますが、皆様から良くきかれるのは、「まさかこんなところが関連しているなんて・・」といった会話です。

それと上述の過程であまり自覚症状を感じない、或いはあっても見過ごしてしまう、我慢してしまうといった事が結びつきしてしまう事が多々あるようです。

従って、早く回復するには休められるケースは休め、体の疲労を抜かなければなりません。

体の疲労抜きによりその先にある痛さも伴って抜ける分は絶対あります。

(反対に体の疲労MAXの状況で苦痛を抜いてくれと言われる事も多々あるですが、回復の過程を思いめぐらす と不自然な事は無理ですと、様子によって明確言います。

) 体のサインとしては、・ いつもより疲れが中々抜けないな・・・ いつもこんなところ痛くなった事ないのに・・・ いつもと朝起きた時の体の感じが違う・・             ・・ 等仮に感じましたら、赤信号に近い黄色信号である確率もありますので、早い段階の対処をお勧めいたします。

当院には首、肩の痛さで通院されている方多くいらっしゃられます。

この首、肩の痛さはほんと、体のたくさんな負担がたくさんな形で表れるところでもあります。

首肩そのものにきっかけがあるケース、口元、顎に過剰に力が入りやすいために現れてするケース、腰、下半身の負担を背負い込んでいる時等‥ なので、よくたくさんな医療組織で首肩をでんき、マッサージをしてもらったけどよくならないから来院された方、そして、極端な時ふくらはぎを施術するだけで苦しみが軽くなるケ−スも多々ございます。

たくさん治療しているんだけど中々良くならないんだよね・・とお心配の方は、体総体を調査していくと意外な所にきっかけがあったりしますので、一度ご来院される事をイチ押しします。

回復する事により、貴方が今後どんな暮らしが送れるかを心象して頂きたいとおもいます。

 


狭山市 整骨院 ストレスからの腰痛、背中の痛み

 [記事URL]

昨日同じく、先月末から今日まで、腰、背中が突然苦しみだした、体を動かすのも痛い、他で治療を受けたけど痛さが引かない、との症状の初診のクライアントが増大しています。

で、検査、施術、検査、施術と進めていくと体のゆがみから来る負担は抜けているはずが、これも昨日と同じく、起きてみると、又は起き上がる時苦痛が強いとの事。

ただし、ぎっくり腰と、あるいは急性の炎症性の背中の苦しみとも異なるようです。

その時点で思い立つのはとどのつまり、体の負担(疲労物質、炎症物質等の作用)だけがきっかけではない事。

そして検査を進めると、頭のストレス検査(軽い圧を加えます)により腰、背中はもとより体全てに反応あり。

この段階で相当疑いあり。

それについての検査にて相当な反応を現しているので(係りしない時は検査では全く反応しません)現症状との因果関連は相当あり。

ケースによっては体のゆがみから以上の負担、症状を発する事もあります。

きっかけは?との問いには、人により異なる点ますが、顎から発する短縮力、目線(目力)により、定期的業務の事を思考、我が家ではいつも家事業務の事を思考等による体の凝縮作用等・・もう、諸々です。

明確言える事は、体の組成的な(筋肉、骨格、関節等)負担をよくしても回復しない事例は、こういったストレス(頭の緊張、交感神経の過度の亢進)、さらに進んでゆくと頭内の形状記憶による影響も結びつきしている見込みはかなり疑われると思われます。

この事例の苦しみは、苦しみというよりは苦しい苦痛として発症します。

因みにこの処置(ストレス反応の抑制)によりかなり苦痛の除去がはかられ、歪みの修復にも大変役立っております。

クライアントにお聞きしますと、「まさか、こんなところが結びつきするなんて・・」と言われる方、「何となく言われると分かる気がする」と言われる方、各々にいらっしゃられます。

(断っておきますがご本人様に分かるような客観的な検査を行った結果のご反応です) 仮に、お困りの方若しくは自分の手の届く範囲な方でいらっしゃられましたら、早急の処置が不可欠かと思われますのでお声をかけてくださいませ。

 


狭山市 整骨院 接骨院 ストレスからの腰痛、背中の痛み

 [記事URL]

昨日同じく、先月末から今日まで、腰、背中が突然痛さだした、体を動かすのも痛い、他で治療を受けたけど苦痛が引かない、との症状の初診の顧客が増加しています。

で、検査、施術、検査、施術と進めていくと体のゆがみから来る負担は抜けているはずが、これも昨日と同じく、起きてみると、又は起き上がる時苦痛が強いとの事。

ただし、ぎっくり腰と、あるいは急性の炎症性の背中の苦痛とも異なるようです。

その時点で思い立つのは帰するところ、体の負担(疲労物質、炎症物質等の作用)だけがきっかけではない事。

加えて検査を進めると、頭のストレス検査(軽い圧を加えます)により腰、背中はもとより体概要に反応あり。

この段階で相当疑いあり。

それについての検査にて相当な反応を現しているので(関連しないケースは検査では全く反応しません)現症状との因果結びつきは相当あり。

時によっては体のゆがみから以上の負担、症状を発する事もあります。

きっかけは?との問いには、人により差異ますが、顎から発する短縮力、目線(目力)により、定期的業務の事を思考、我が家ではいつも家事業務の事を思考等による体の凝縮作用等・・もう、諸々です。

明確言える事は、体の仕組み的な(筋肉、骨格、関節等)負担をよくしても回復しない事例は、こういったストレス(頭の緊張、交感神経の過度の亢進)、一層進んでゆくと頭内の形状記憶による影響も関連している見込みはかなり疑われると思われます。

このケースの痛さは、痛さというよりは苦しい痛さとして発症します。

因みにこの処置(ストレス反応の抑制)によりかなり苦しみの除去がはかられ、歪みの修復にも大変役立っております。

ユーザーにお聞きしますと、「まさか、こんなところが係りするなんて・・」と言われる方、「何となく言われると分かる気がする」と言われる方、各々にいらっしゃられます。

(断っておきますがご本人様に分かるような客観的な検査を行った結果のご反応です) 仮に、お困りの方若しくは自分の手の届く範囲な方でいらっしゃられましたら、早急の処置が不可欠かと思われますのでお声をかけてくださいませ。

 


狭山市 整骨院 ぎっくり腰、寝違え、急性の首・肩・腰の痛み

 [記事URL]

今度私含め、皆様にも結びつきしてくる確率のあるテキストがございましたので共有させていただきます。

ワールドワイドのトレンドリーダーとして注意を集める英王室のキャサリン妃(33)がよく着用する事でトレンドに火が付いた脚に最適張り付く細身の「スキニージーンズ」をめぐり、衝撃の研究論文が23日、英医学誌に公表された。

スキニーをはいて長時間しゃがんでいると、筋肉や神経に障害が起き、歩行困難になるというのだ。

細いジーンズを無理やりはくと、とんでもない事になると論文は警告している。

■しゃがみ続けて筋肉損傷 論文は、豪州のロイヤル・アデレード病院のドクターらによるもので、英誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」の電子版に掲載された。

アデレードに住む35歳の女子の症例を取り上げている。

それによると、この女子はスキニージーンズをはいて、世帯の引っ越しを手伝っていた場合、食器棚から物を取り出すために数時しゃがみ続けた。

夜になって我が家に帰る途中、足の感覚がまひし、つまずいて転倒。

デフォルト動けなくなった。

彼女はもうに病院に運ばれたが、いずれものふくらはぎはジーンズが脱げなくなるほど膨れ上がり、血液が循環せず、膝から下の感覚がなくなり、足首や爪先を動かせなくなっていた。

検査の結果、筋肉障害の指標となるクレアチンキナーゼ値が急騰していた。

点滴をうけて元通りに歩けるようになるのに4日もかかったという。

論文は、スキニージーンズをはいた窮屈な様子で長時間しゃがんでいた事で筋肉や神経が損傷し、血流が滞り重篤な障害が起きる「コンパートメント症候群」になったと見立てした。

論文執筆者の一人であるトーマス・キンバー医者は、豪紙オーストラリアン(電子版)などの近場メディアに「彼女が病院に着いたケース、ふくらはぎの張れは深刻かつ異常で、ジーンズを切断しなければ脱がせられなかった」と、その頃の状況を証言。

「病院で治療していなかったら、彼女は歩行に一生、支障をきたす神経障害に陥っていた。

筋肉の損傷は腎臓の損傷につながる見込みもあったが、手当てが早く大事に至らなかった」と述べ、極めて深刻な症状だったと強調した。

どうでしょうか? 多くの皆様は(当院のユーザーにはほぼ皆様にうるさくお話しています)、衣服など体の痛さに結びつきするはずなかろうと思われている方が全くだと考えます。

上文は極端ではありますが、似た例で(密着した衣服、下着により)当院でも、昨日まで全く何ともなかったのが突然今日になって激痛が・・という新患の方も多く見受けられます。

更に激痛ですが、もう、痛苦しいです。

上述に類似し、健康状態が気に掛かる方はツーサイズ大きめ、空気が入るくらい大きめの下着、衣服をお勧めしております(当然女子の方はできない事もありますが)。

来院されたときは検査にてわかりやすく、客観的に解説いたします。

ナンバーワンはご本人にお理解いただけ頂く事が何より近道で、していただいた分は負担減になる事バックアップします。

もう、苦しいつらい考えはごめんですよね。

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME