スタッフブログ

狭山市 整体 急性の腰痛 再発と回復の事例

 [記事URL]

先週の月曜日、前日にぎっくり腰様になり、腰を曲げて来院された女子のクライアントですが、かなりの激痛で歩くのもやっとです。

問診の後検査に入りますが、肩、足を触るとすごい炎症による膨張感と共に、どこを押さえてもかなり痛さが強く、併せて激痛の為診療台に寝る事ができません。

「何か吸いつくもの又は締めるもの身につけていませんか?」の質問に「ガードル着けています。

」との事で、真っ先に外してもらいます。

これだけでも相当痛さが引きやすくなります。

次いで水を準備し500ml分を摂取していただき、そこから施術開始です。

(我が家では水2〜3L位摂取可能なと苦しみの緩和に役立ちます。

) その後の施術にて、苦痛は来院時と比較し二分の一以上引き、歩きも常識的に戻った所でその日の施術は終了。

留意していただく事を指導して5日後に来院を助言しました。

が、水曜日に「昨日苦しみが引いたのでお業務頑張りすぎたら、夜寝られないほどうずいて・・」との事で再診。

椎間板ヘルニアを疑うような腰の腫れ、痛さの度合いを示していますが、検査にてヘルニアの反応は出ていません。

そんな訳で、施術にて炎症の処理と回復力を施行し、採り上げるのは施術も大事ですが我が家での管理(苦しみが引いても再発しやすいステータスの為)をしつこいほど再指導。

今日、日曜日来院した時は「もう苦痛はかなり引きましたが、もうなるの嫌なのでちゃんとよくやりたいと考えます。

」との事。

今度の事例においては悪かった点は、強い苦痛が引いた段階で理不尽をする事で炎症を再発させてしまった事、これは、私も見通しが甘く一層ちゃんと指導するべきでした。

反対に回復に向かった要点は、ガードル等の吸いつく物、締める物をはずした事、水を理不尽にでも採って頂いた事、再発後は極力安静で頂けた事等があげられます。

回復に向かう、反対に悪化する時はたまたまなるのではなく、絶対その様になる過程、形があります。

中々回復しない方は、お一人で悩まずにご折衝頂けたらと考えます。

絶対そうなるきっかけがあるはずですからね。

 


狭山市 整体 以前からつらかった腰、骨盤部の痛みの事例

2017-09-02 [記事URL]

4か月前からつらかった腰・骨盤部の痛さが回復されてきた、ユーザーの場合をお話ししたいと考えます。

最初は体総体のゆがみが強く、ご本人もお気づきで、・ 体総体のゆがみが腰・骨盤部の苦しみを出しやすい体形をとっている事・ それに伴い血流の循環力(炎症・発痛物質の体内処理力として回復力に直接関与します)・ 慢性的な体内の水量の欠乏、脳内の形状記憶等がきっかけする事で発症させているものでした。

立ち上がる時、寝る時、起き上がる時等、強い苦しみで「ウーッ」と声が出てしまうほど。

どんどんこうしたステータスでご辛抱されてきたそうです。

色々な検査によりボディーの情報を得、きっかけは一つではないのでどんどん潰していかなくてはなりません。

(一つのきっかけの解消により、芋づる式に落着されてくるところも中にはあります。

) 初回の施術前には、水の摂取量により回復の度合いが全く違ってくるので頑張って水を摂取してもらい、検査、施術を繰り返し、体のゆがみの修正を計り、循環性能を底上げし、脳内の形状記憶解除を検証した所で施術終了。

それにより2回目は10のうち3まで痛さが引いたとの事で、かなり負担減になったとの事。

けれども、苦痛の現れてのきっかけの一つである体のゆがみ・体の傾きは残っているので、ここを正しておきたいとの事で継続施療。

何よりも、ご我が家での配慮事項を充分に実践していただいたお陰で、回復働きは非常に進んだように見受けられます。

こういった、歴史あるものに関しましては苦しみは早く引かせますが、形態上の体のゆがみ・傾きは充分にと対処していかないと後後まで残す事となってしまいます。

かなり以前から腰、それ以外の箇所がつらいとお心配の方。

早めの処置ほど回復が早いので、どうぞお気楽にご話し合いください。

当院には多彩な腰痛、神経痛をお持ちの方が来院されています。

そのうち坐骨神経痛の方は相当多く、大抵の方は以前からずっと付き合っていて諸々治療したけどよくならなかった、そのような方がおおよそをしめています。

病院でレントゲン、MRI、CTで診てもらったけど異常がないと見立てを受け、きっかけがわからないのできっかけを取り除く治療が見つからないのが現況でございます。

当院では色々な検査(どれほどの検査かは改めて述べます)により筋肉、骨格だけではないきっかけを特定し、その結果治療成績を向上させております。

その結果考えもかけない箇所がきっかけになっていたり、意外な事がきっかけに当たる事も多くあります。

おトラブルの方は、いつまでも苦しんでいないでご話し合いしていただきたいと存じま

 


狭山市 整体 当院の骨盤の施術について

2017-09-01 [記事URL]

当院では、肩、腰、出産後の施術において全くの時、骨盤の施術を行います。

私が行う骨盤すり合わせはおおかた感覚がなく、多くの方は一段と強く行う心象があるようですね。

なので「えっ、これでいいんですか?」「ボキッとされる印象がある」「こんな緩いタッチで変わっちゃうんですね」等・・・多くの声を聞きます。

と、並行してそんなにの方は骨盤の施術は骨盤のみに行うものだと思われている方もそんなにですが、そうではないのです。

おおまかにいうと、骨盤の働きは・骨格の土台として・体の血流の循環パフォーマンスとして・呼吸働きを司る位置として・脳脊髄液の還流(自律神経に関し)に対する働き                      ・・・・等多彩な性能を有する共に、他部位との連動でパフォーマンスするところでもあります。

(頭部、首、ふくらはぎ等) なので、骨盤と共に関連する個所の施術も含めて、的確には「骨盤の施術」と云う事ができます。

解説、検査は充分にと行っていますが、症状の引っかかる方、ご本人若しくはご身内の方で問題苦しんでおられる方は、ご折衝をいただきたいと存じます。

このところ特に、急性、慢性共に強い症状の方が多く来院されています。

その中には、病院でレントゲン等の検査をしても骨には以上ないのです、と言われた方もいらっしゃられました。

そのような方から、「こんなに痛いのに何ででしょう?」と聞かれる事、よくあります。

体のゆがみ、傾きからくる事も結びつきする時は多々ありますが、強い苦痛の時、きっかけはそればかりではないのです。

実際迄みてきた中で、絶対共通する事があります。

・ 今頃特に疲れが激しい、又はいつも以上に疲れが抜けない。

・ 衣服などで締めつけるもの、ピタピタの物を身に着ける事が多々ある。

・ 慢性的に水の摂取量が少ない。

・ 思考的にいつも頭を働かせている事が自然。

以上の事は、強い痛さを引き起こす前兆となりうる事ばかりです。

手を焼くところは、中々ご本人では自覚ができない事。

自分が気付かないからどんどん進行してゆきます。

当院ではゆがみ、傾きは無論、上述の事も最初に認知していただく事こそ回復に不可欠な事と位置づけています。

強い苦しみを経験されたクライアントは、そこのところを相当認識されています。

こんな事で、と言わず上述の事で該当し見過ごせない方は、体を守るために対処していただく事を強くお勧めいたします。

 

 


狭山市 整体 多少の痛みからひどくなった腰痛の事例です

2017-09-01 [記事URL]

今日は、腰が痛すぎて体がのばせず、くの字になって来院された方のお話です。

一週間前にあまりの痛さで病院に行きレントゲンを撮ってもらいましたが、骨には異常なし。

こんなに痛いのになぜ?の問いにも苦痛止めを出して様子を見ましょうとの事。

が、今日になっても苦痛が引かないので何とかしてくれとの考えで来院されたそうです。

施術前と比較して施術終了後は検査にて回復性能の上昇と、ご本人も体がのばせ楽になったとの事で、この日は終了。

きっかけを知るためお話を聞いていると、近頃疲れが取れないステータスから始まり、少々の腰の不自然さから激痛に及んで行ったそうです。

このように、一番目は大した事ないから始まり激痛に移行する事例は、臨床上よく遭遇したりします。

皆様も、いつもと何か体の感じが違うな・・・いつもこんな所痛まないんだけど・・・等、そのような事がございましたらくれぐれもご用心を。

体の回復働きが低下し、強い痛さを発症させる見込みもございます。

(かく言う私も身に覚えがございます。

) そのような引っかかる時はどうぞ、お気楽にご話し合い、ご連絡ください。

現在のポイントは、一年の中でも特に多忙なとの多くの顧客のお声を、よく聞きます。

さらに、実際までより強く腰が痛むとの方も多く来院されています。

よくある場合として、「このところ何をしたわけでもないのに、強く腰が痛む」(注 健康保険外)といった事で、ご本人にとっては何が悪いのかさっぱり曖昧である時。

長い間ゆがみをフォローする事で限界に達し、苦痛に至った場合、内臓のストレス反応により腰に痛さを出す場合等多彩ですが、実際最上多々あるのは頭からのストレス反応により腰の痛さを発する場合が統計学的にお薦め多々あるです。

(頭内が何かなっているといったものではないのです) 勿論、体は頭に支配されているので、頭のストレスが体に反応する事はもちろんとして、ストレスが首に向かえば首に症状を発し、背中に向かえば背中に症状を発し、腰に向かえば腰に症状を発します。

中には、病院でレントゲン等の検査をしても異常なしと言われた、といった方も多々ある事が特色で、そのとおり、この時では椎間板、椎間関節、椎骨の異常で苦痛を出すものではないのです。

何か、いつもと違う腰痛等が悩ましいだ、気に掛かるとの方は早めの対処が肝心なので、最善を尽くしますのでご連絡をいただきたいと考えます。

 

 


狭山市 整骨院 整体 腰痛についての事例です

2017-08-27 [記事URL]

昨日、おとといから業務開始出来の方も多く、初日からお業務の量が多かったとのお話も多く聞かれました。

それに伴い腰痛、首、肩の苦痛を訴える方も多く、意外に多かったのは骨盤等の骨格系からよりも、意識が強く作用しすぎて脳からの反応を体が受けすぎて症状を生じてさせてしまう事例が相当見受けられました。

お医者様がいう、いわゆるストレスからきているものとはこのケースを言います。

長いお休みが明けたばかりなので仕方がないところもございますが、語弊はありますが、要領よく切り抜けて下さると助かるところもあろうかと考えます。

無論、普段のお体の管理、メンテナンスも大事なので気になっています方はお手軽にご話し合い下さいませ。

先週の月曜日、前日にぎっくり腰様になり、腰を曲げて来院された女子のクライアントですが、かなりの激痛で歩くのもやっとです。

問診の後検査に入りますが、肩、足を触るとすごい炎症による膨張感と共に、どこを押さえてもかなり痛さが強く、併せて激痛の為診療台に寝る事ができません。

「何か吸いつくもの又は締めるもの身につけていませんか?」の質問に「ガードル着けています。

」との事で、真っ先に外してもらいます。

これだけでも相当痛さが引きやすくなります。

次いで水を準備し500ml分を摂取していただき、そこから施術開始です。

(我が家では水2〜3L位摂取可能なと苦しみの緩和に役立ちます。

) その後の施術にて、苦痛は来院時と比較し二分の一以上引き、歩きも常識的に戻った所でその日の施術は終了。

留意していただく事を指導して5日後に来院を助言しました。

が、水曜日に「昨日苦しみが引いたのでお業務頑張りすぎたら、夜寝られないほどうずいて・・」との事で再診。

椎間板ヘルニアを疑うような腰の腫れ、痛さの度合いを示していますが、検査にてヘルニアの反応は出ていません。

そんな訳で、施術にて炎症の処理と回復力を施行し、採り上げるのは施術も大事ですが我が家での管理(苦しみが引いても再発しやすいステータスの為)をしつこいほど再指導。

今日、日曜日来院した時は「もう苦痛はかなり引きましたが、もうなるの嫌なのでちゃんとよくやりたいと考えます。

」との事。

今度の事例においては悪かった点は、強い苦痛が引いた段階で理不尽をする事で炎症を再発させてしまった事、これは、私も見通しが甘く一層ちゃんと指導するべきでした。

反対に回復に向かった要点は、ガードル等の吸いつく物、締める物をはずした事、水を理不尽にでも採って頂いた事、再発後は極力安静で頂けた事等があげられます。

回復に向かう、反対に悪化する時はたまたまなるのではなく、絶対その様になる過程、形があります。

中々回復しない方は、お一人で悩まずにご折衝頂けたらと考えます。

絶対そうなるきっかけがあるはずですからね。

 

 


狭山市 整体 腰部椎間板ヘルニアの手術後の痛みの事例

2017-08-25 [記事URL]

昨年6月に腰部椎間板ヘルニアの手術を行い、回復に向かうはずが苦しみが引かず、1月上旬に来院された方のケースでございます。

初診時は一つ一つの動きが相当苦しみに満ちていて、どんどんこうした状況が続いていたそうです。

立つケース、歩きスタート出来、座る場合、寝る事例等・・とにもかくにも苦しみ よく辛抱できましたね、の問いに実際までたくさんな医療組織に受信したけど、悪くなる一方で手を尽くしたとの事。

今度のクライアントの時、たくさん検査を行いきっかけになりうるところが数多にみられ、1.骨盤、体幹のゆがみ2.体内の炎症の処理が追いついていない、体内の冷却水である水が不足している3.コルセットをガッチリ締めている事で体の痛さが増幅4.脳内の形状記憶がだいたい強く作用し、骨格・筋肉の問題だけでは落着しない重度の時に該当する見込みとしてご解説。

特に脳内の形状記憶が強く関与する時は根気が不可欠になります。

今度のユーザーは私の無料ブログサービスを見ていて下さっていて、水の補給をより多めに、締めるものを外す(外す度胸がいりましたとの事)、こちらをご習得されていて熱心にしてくださったおかげもあり、3回目ではじめが10の苦しみだとすると3の痛さの強さまでひいてくれたとの事。

ただしあの痛さのおそれから、理不尽な体勢はとりずらいのでちゃんとケアされたいとの事。

苦しみの記憶は手っ取り早くに消えるものではないのです。

(私も何度も経験してきました) 実際だから言えるけどと話されたのは、そんなに放棄していたのでここまで回復するとは思わなかったとの事。

改めて思う事は、気力と回復力という体力が働く事の価値があるさ、それと回復に不可欠な前提の必須な事。

諸々な事を再認識いたしました。

諸々な症状に苦しんでいる方にこそ、当院にご話し合いしていただけたらと考えます。

落着に向けて取り組むよう、多彩な点から対処させて頂きます。

当院のクライアントにはわかりやすく解説をしていますが、体の反応を体感するごとに皆さま絶対、「こんな事が関連するの?」と言われます。

強い痛さが引かないんだ、と言われる方は当院に御折衝をしていただく事をお勧めいたします。

勿論、悪くなる事をしない事の習性付けは、普段で何よりも大事な事だと思っています。

わからないから、悪い事だと気付かないからどんどん悪いほうへ体は向かってゆくのです。

私、施術に入る前は絶対衣装を参考にします。

そのほうが、普段がトレーニング影響を引き出す事も多々見られ、回復スピードも全く変わってきます。

その解答は、体に吸い付くもの、密着する物、締める物は激痛を出しやすく、苦しみが引かないどころか施術するほど苦しみをどんどん強める事があるからです。

そうなんです。

出来なくても「これは悪い事」わかっていれば、幾分抑制力は働きます。

その上、締めている間は激痛は引く事はないのです。

あれもこれも、と言うと普段暮らしが窮屈になるので、意外にあれだめ、これだめとは言わないのですが、これだけは!という事は1つ、2つ位はかなりうるさくいう事があります。

なぜでしょう。

 

 


狭山市 整体 腰痛、肩こり 貴方の一番のお悩みは何ですか

2017-08-24 [記事URL]

いつも治療前には絶対問診から入ります。

その場合ステータスを聞くのですが、初診の段階でお薦め解消やりたいお心配を聞くようにしています。

一例を挙げれば、業務に支障ないように、我が子を心配無用して抱っこやりたい、O月O日に旅行に行きたいので間に合わせてくれ等、具体的であればある程回復が進みやすくなります。

これは、ただたくさん体を直すだけでなく、ゴールを決めると人の意識はそこに向かいやすくなります。

実のところ、お薦め落着やりたい事を設定する方としない方とでは、回復にも差が出ます。

(同じ程度の症状をお持ちの時) ご来院になられる新規のユーザーには絶対お尋ねしていますので、お答えいただけると嬉しいに存じます。

私共セラピストのサガですが、うまくいった事よりも綺麗にいかなかった事、大変だった事のほうが記憶に残っている事が多々あるです。

そんな訳で、今日のユーザーへの解説中、「痛さは左にでてますが、その痛さを現れてさせているのは右側です」と話したところ、そのような解説は初めて聞いたとの事。

言うまでもなく、諸々な客観性を持った検査を行っての上でです。

この場合、苦しみのある個所を中心にやりすぎると反対に負担し過ぎる形を強め、苦痛が悪化するケースがあります。

そんな訳でお客さまも腑に落ちたようで、施術後症状和らげるにて本日は検査で見定め後ここまで、次回以降回復力を早めていきましょうという事で次回に繋げていただきました。

そのクライアントが発したお言い回しは、「実際までたくさん治療してきたけど、様子が変わらないか、反対に痛さが強くなるかのどっちだった。

今日の解説でがてんがいった。

」とおっしゃられていました。

20年前ですと私も同じ事をしていたかもしれません。

ただ、主観的なところでは確定要素に乏しく、断っておきますが客観的に確定可能な検査は顧客の把握を得るため、又、現在の様子を理解していただくため、私にとりまして現況を理解するために不可欠必要な事だと改めて認識した次第です。

今後も不可欠な事は検査、解説、施術と皆様にも共に共有して行きたいと考えます。

 


狭山市 整骨院 整体 ストレスによる腰痛の事例

2017-08-22 [記事URL]

先日の土・日曜日はセミナーに出席させていただきました。

(ご嫌がらせをかけてしまった皆様方、申し訳ございませんでした) そんな訳で、講師の先生から興味深いお話がありましたので占有率やりたいと思った次第であります。

講師の先生のご身内の方(男性)ですが、腰の苦しみが長期に渡って続き10年間諸々な治療を受けたのですが、結果は常に痛いまま。

ストレスも年がら年中ひどいそうです。

苦痛とも永らく付き合ってきたので、なんとかお業務もこなしてきたのですが・・ それがある機会で講師の先生とご身内の方が会ったとき、腰の苦痛の話ではなく、諸々な世間話を聞いていたそうです。

聞いていたというのは、おしゃべりではなく、とにもかくにも一方的に聞いていたそうです。

ちょくちょくはあいずち、同調しながら。

それ以来、どうもご身内の方の腰の調子がその後よろしいみたい、との報告を受けストレスが解除されてのものではないか?との事でした。

その通り、こうした場合は私も多く経験してきました。

反対にストレスの解除の結果、体への反応が抑えられ苦痛の感じが減ります。

当然、体の疲れが強い時はストレス=脳の緊張、そこに体は反応します。

反応した結果、負担が向かう先に症状を発します。

脳への反応がシャットされ苦痛という現象、反応を抑えられるのではないか、という事です。

なので、私はクライアントには体を休める場合、頭も休めてくださいと話しています。

これはかなり、苦しみの回復に反対には見所高いかと存じます。

ストレスはいつも必要になるもの、ただし、その日にどれだけ初期化出来ているかにより次の日の具合が体に現れます。

負担を抜いてあげるとストレスを流す事が可能なようにもなります。

ユーザー方々、疲れを残さぬようくれぐれもお大事になされてください。

前回のその1に続いてその2を解説致します。

その1、その2は我が家管理において、何をするよりも優先事項となりますので必須です。

その2、吸いつく、密着する、一層強いのになると締めるもの(ガードル、コルセット、サポーター等)を身につけている、そのような衣服の時突然苦痛を発する事例があります。

(骨折、捻挫、ヘルニア等は除きます。

) よく大きなビニール袋で解説していますが、軽く膨らませた袋を外から軽く圧を加えると袋はパンパンになりますよね。

体も同じ、外からの圧が必要になると体内の腹圧等が上昇し体全部が膨張(腫れに似ます)しまくります。

これにより痛覚が鋭敏となり、浅い層の組織も傷つきやすく突然激痛に見舞われる事があります。

当院では具合の悪い間は2大きさ大きめ、空気が入るくらい大きめの衣服、下着をお薦めしています。

施術に加え、その1、その2が出来た方から回復が進んでゆく方が多く、反対に出来ない事例回復が緩慢になる事も実証されています。

皆様にもどうぞお勧め致します。

 


狭山市 交通事故によるむち打ち、初めての方

2017-08-21 [記事URL]

今の時代、事故によるむち打ちにより受傷された方が来院されました。

採り上げるの初めての経験だそうですが、諸々ご心もとないと戸惑いがあるようです。

もちろんです。

一番目の申込み手順は、ご自分の参加されている保険法人の指示に従って対処していただいているのですが、これだけでもエネルギー利用します。

なので、申込み手順後はさくっと事故治療に入るのですが、症状の回復は無論、メンタルの負担、ご心もとないにも対処していく不可欠があります。

たくさんご質問も受けました。

実際の痛さはどれほど続くのか? ちゃんととよくなるのか? どの位のペースでどの位の期間が必要になるのか? 後遺症は残らないのか?等、こうした気がかり、質問、心もとないがあると回復が遅延してしまうのも事故による障害のもち味であります。

なので、このようなご質問にお答えするのも解説というよりは、大事な治療の一環であると私は捉えています。

不可抗力にも遭遇してしまわれた方(トラブル者、加害者のどっちも)にそれに対しちょっとでもお体、精神面のご負担を除去可能なよう最大限面に努めますので、仮にの時はご話し合いくださいませ。

交通事故の負傷、怪我において度々遭遇するのですが、約2週間の間で違うスポットに苦痛が出る、こうした時はよく遭遇する場面であります。

この2週間の間、というのが採り上げるのお話しするキモなのですが、2週間過ぎた時に現れてした苦しみは事故の治療として対処してもらえるのか? 解答は原則NO、事例によってはYESにもなりますが。

なぜ?の解答として、2週間を超えて苦痛ケース損保法人は、「普段暮らしで痛めたのではないですか?」という捉え方をされます。

的確に言うと、二分の一YES二分の一NOではありますが・・ なので、ケースによっては病院でまたの検査を不可欠とされる場合もあります。

当院ではその様な事がないよう、前もってに絶対検査を行い、後になって苦痛が出ないよう処置応対に心がけています。

万が一、色々な場面、時においてご負担に感じる事、不安な事、お苦痛がありましたらどうぞ、おリラックスしてにご折衝くださいませ。

ことのほか何とかなる事も結構あるかと考えますよ。

 

 


狭山市 整骨院 整体 体のゆがみ、産後の骨盤への施術

2017-08-21 [記事URL]

出産後の骨盤すり合わせの施術を受けているクライアントより、こういったお話をいただきました。

整体はボキボキするものだと思ってきてみたら、全然印象と違って感銘ました。

現実にさわっているだけで全く整体を受けてる感じがしないのに、体が軽くなって、成果がでているのがわかりました。

これまで受けていた整体ってなんだったんだろうと考えました。

細心の注意をもってに私の体の状況の解説をしてもらってより成果を体感しました。

体が実際に楽になりました。

ありがとうございました。

非常にありがたいお会話に改めて、「私に可能な事」「私にしかできない事」を精一杯行ってゆこうと強く考えました。

分娩直後はホルモンの影響で軟部組織、靭帯が緩くなりいつもよりゆがみが出やすい状況になります

このホルモン分泌は出産後6か月間続くと言われており、この間自然と骨盤はしまっていくのですが、分娩後の骨盤は非常にゆがみが出やすい様子になっています。

それにより多くの母親が分娩直後は骨盤がゆるい感じ、歩くと不安定、ぐらぐらすると感じられているようです。

出産後の骨盤の施術は、分娩から1ヶ月後〜六ヶ月がイチ押しです。

分娩から早ければ早いほど施術成果が高いのですが、まだ子宮が収縮していない様子ですと骨盤は安定していないし、あまり影響が出にくいです。

出産後のひどい腰痛や股関節痛、尾骨痛、尿漏れなどに困っているケースは、ご話し合い下さい。

無事に分娩前のように骨盤が閉じてくれればよいのですが、暮らし習性、ホルモンバランスや抱っこなどの物理的な負担に加え、子供の世話などによる疲労から母親の体がゆがんでしまいます。

結果として母親の全身に影響を及ぼし、腰痛、尿漏れ、下半身太り、股関節の苦しみ、恥骨の苦痛から顎関節まで諸々な症状が出てしまいます。

どこにきっかけがあるかを明確とさせるために検査を行いその後まえだ接骨院、独自の骨盤すり合わせを受けていただきます。

福井市のまえだ接骨院では、福井市でも専門性の高い出産後の骨盤すり合わせの施術を行っており、その上施術に際しては痛さが全くないので心配無用してお受け可能なかと考えます。

広がった骨盤をなんとかやりたい、左右の骨盤が微妙にズレている感じがする方は上述の通り早めの対処をお勧めいたします。

 


狭山市 整骨院 整体 急性の腰痛の回復法の例です

 [記事URL]

今度は、急性の腰痛の回復法の一例をお伝えしたいと考えます。

(因みにご本人にはご了解をいただいております。

) 先週の木曜日、体をくの字に曲げて来院された顧客がいました。

昨日かがんだときキクっとなり、それから激痛だとの事で、その通り腰・その周辺は腫れまくっています。

そこでのチャットですが、 ユーザー「今日一日で何とかしてくれんや。

」 私「炎症がひどいんで、引かせるように最善を尽くしますが後はどれだけ早く炎症が引いてくれるかですね。

お医者様でも39度の熱を、その日のうちに引かせるなんてできないでしよ。

同じ事ですよ」 ユーザー「土曜日ゴルフなんや。

」 私「・・・・」 いつも、一回の施術で一通りの事が解消するなんて最初にありえません。

けれども、採り上げるのはまだなって新しい。

ここは助かりました。

私「水を2リットル以上採ってください。

」すると、こちらのユーザー、施術終了が4時でその後、4リットルの水を採られたそうです。

次の日みえられた場合は、体はちゃんと伸びており、本人いわく「昨日の苦しみは何だったんや。

」という位に凄く引いていました。

水を採りまくる事で、炎症物質の体内処理が進み回復が進んだ極端な例でございます。

当てはまる方も多くおられるはずですが、水の摂取の必須性を示す今度の場合でございました。

回復力の進んだ症例を今後も共有してゆきたいと考えます。

 


狭山市 整骨院 整体 腰痛、首・肩の寝違いについて4

2017-08-20 [記事URL]

今週は、特に急性若しくは苦しみの強い腰・首・肩の症状の初診のユーザーが続きました。

その中で皆様に、ほんと皆様に共通する事がありました。

着目点は大きく分類て3点。

1.体質、ストレス耐性が特に強い方。

2.炎症物質を体内処理する為の水の摂取不足。

3.お顔(特に目線等)が下に向いている事がありきたりになっているケース。

あ、私の事?と思われる方もいられる事かと考えますが、これに密着性の高い衣服を含めると、どこの苦痛でも回復しない要件が出そろいます。

2.と3.は度々大きく上乗せしていますが、1.については(過去一回急上昇してました)余り解説していなかったですよね。

今後の頃合、とても大切なので1.2.3.とも順を追って改めて解説してゆきたいと考えます。

先日は、急性の腰痛、首・肩の寝異なる点について、症状を発した皆様に共通する事がありました、と伝えました。

着目点は大きく分類て3点。

1.体質、ストレス耐性が特に強い方。

2.炎症物質を体内処理する為の水の摂取不足。

3.お顔(特に目線等)が下に向いている事が一般的になっている時。

この中で、体質、ストレス耐性が特に強い方についてお話いたします。

普通、体、精神が強い事は相当良い事だとされています。

ただし、当院に来院される顧客は急性の症状を伴って、強い方ばかりが強く痛めて来られます。

強い方は相当疲労(物質)をため込んでも、苦しみは感じず(私は、体の用心信号又はセンサーと言ってます)、せいぜい疲れが抜けない、もう抜けるだろうと位にしか感じません。

なので、それ以上の負担を出来てしまうのでかけてしまう、すると、大きく蓄積された疲労がすぐさま決壊して体をこわしてしまいます。

反対に直ちにに痛さを感じる方、直ちにに体の用心信号に引っかかる方は疲労がため込まないうちの処置ができるな事例があります。

来院されているクライアントには、わかりやすいのでペットボトルで解説しています。

(言語での解説はややこしいので) いつもあまり腰、首、肩を痛める事はないけど、痛める事例はぎっくり腰、寝異なる点ばかり、と言われる方は該当する見込みがあるので、実際のタイミングは特にお留意していただきたいと考えます。

何に気を付けたらいいの?いつも如何にしたらいいの?あと一歩くわしく聞きたい、と思われる方はどうぞご来院頂きたいと考えます。

 

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME