スタッフブログ

狭山市 整骨院 肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

 [記事URL]

今日、初診のユーザーより「腕が2か月前から上がらず、病院では四十肩、他の医療組織でもあまり成果がない」との事でご来院され、如何にしたらいいのかを聞かれました。

整形外科的には、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩) いわゆる五十肩とは、肩関節周囲炎の俗称で、40〜50歳代に多く生じてし肩関節部の苦しみと拘縮をきたすのでこう呼ばれ、普段のおしゃべりに良く出てくる会話であります。

肩関節周囲炎は主たる炎症部位より、1、肩峰下滑液包炎、2、腱板炎、3、有痛性肩関節制動症、4、烏口突起炎、5、石灰沈着性腱板炎、6、組み合わせ組織炎、7、上腕二頭筋長頭腱炎、に分類されます。

その炎症部は企画化されたではないため理学療法注文書の病名として整理て『肩関節周囲炎』とされるケースが多々あるです。

他にもこの疾患の考えが明確でないため『凍結肩』『五十肩』と主治医により所見名が違う時もあり、クライアントは混乱を生じやすい事も特色の一つです。

当院の見解として、骨格、筋肉等の組成的問題として、肩関節の問題か?を診る前に腕を上げるとき腕の重さを体が支えられているかを絶対検査します。

良く消防車に例えますが、消防車のはしご(人では腕のところ)が安定して上がるには土台である車体(人では体に該当)が支えていなければなりません。

初診の方はほぼ、この症状の方はここで引っかかります。

反対に言うと、ここの決着だけで落着に相当近づきます。

けれども、一見肩、腕が上がらないケース、拘縮(関節が固まる事)と思はれがちですが、頭の中の形状記憶の結びつきにて、腕の上がりを頭が止めてしまう、という事もあります。

それ以外、腕の筋肉がところ的に硬くなり重くなっている、歪みによって疲労物質・炎症物質の体内処理が遅延している、等きっかけになりうる見込みは多岐にわたりますので、突き詰めては早めの対処をお勧めしております。

因みに本件のクライアントの場合は関節は固まっておらず、施術後には回復がどんどん進みそうでした。

但し、ひとまず一回受けとけばいい、一回しか受ける気のない方、ご本人のお体への出資として充分に回復させるための通院が諸々の事情で出来ない方は、当院での施術はご遠慮願っております。

 


狭山市 整骨院 ぎっくり腰、寝違え、急性の首・肩・腰の痛み

 [記事URL]

今度私含め、皆様にも結びつきしてくる確率のあるテキストがございましたので共有させていただきます。

ワールドワイドのトレンドリーダーとして注意を集める英王室のキャサリン妃(33)がよく着用する事でトレンドに火が付いた脚に最適張り付く細身の「スキニージーンズ」をめぐり、衝撃の研究論文が23日、英医学誌に公表された。

スキニーをはいて長時間しゃがんでいると、筋肉や神経に障害が起き、歩行困難になるというのだ。

細いジーンズを無理やりはくと、とんでもない事になると論文は警告している。

■しゃがみ続けて筋肉損傷 論文は、豪州のロイヤル・アデレード病院のドクターらによるもので、英誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」の電子版に掲載された。

アデレードに住む35歳の女子の症例を取り上げている。

それによると、この女子はスキニージーンズをはいて、世帯の引っ越しを手伝っていた場合、食器棚から物を取り出すために数時しゃがみ続けた。

夜になって我が家に帰る途中、足の感覚がまひし、つまずいて転倒。

デフォルト動けなくなった。

彼女はもうに病院に運ばれたが、いずれものふくらはぎはジーンズが脱げなくなるほど膨れ上がり、血液が循環せず、膝から下の感覚がなくなり、足首や爪先を動かせなくなっていた。

検査の結果、筋肉障害の指標となるクレアチンキナーゼ値が急騰していた。

点滴をうけて元通りに歩けるようになるのに4日もかかったという。

論文は、スキニージーンズをはいた窮屈な様子で長時間しゃがんでいた事で筋肉や神経が損傷し、血流が滞り重篤な障害が起きる「コンパートメント症候群」になったと見立てした。

論文執筆者の一人であるトーマス・キンバー医者は、豪紙オーストラリアン(電子版)などの近場メディアに「彼女が病院に着いたケース、ふくらはぎの張れは深刻かつ異常で、ジーンズを切断しなければ脱がせられなかった」と、その頃の状況を証言。

「病院で治療していなかったら、彼女は歩行に一生、支障をきたす神経障害に陥っていた。

筋肉の損傷は腎臓の損傷につながる見込みもあったが、手当てが早く大事に至らなかった」と述べ、極めて深刻な症状だったと強調した。

どうでしょうか? 多くの皆様は(当院のユーザーにはほぼ皆様にうるさくお話しています)、衣服など体の痛さに結びつきするはずなかろうと思われている方が全くだと考えます。

上文は極端ではありますが、似た例で(密着した衣服、下着により)当院でも、昨日まで全く何ともなかったのが突然今日になって激痛が・・という新患の方も多く見受けられます。

更に激痛ですが、もう、痛苦しいです。

上述に類似し、健康状態が気に掛かる方はツーサイズ大きめ、空気が入るくらい大きめの下着、衣服をお勧めしております(当然女子の方はできない事もありますが)。

来院されたときは検査にてわかりやすく、客観的に解説いたします。

ナンバーワンはご本人にお理解いただけ頂く事が何より近道で、していただいた分は負担減になる事バックアップします。

もう、苦しいつらい考えはごめんですよね。

 


狭山市 整骨院 肩の痛み

2017-07-31 [記事URL]

今日は一か月前から通院されているKさんのお話を共有させて頂きます。

一番目は腕があがらないとの事で来院。

きっかけを検査、施術を進め経過とともにあがるようになってきました。

けれども、一番目のフィーリングは筋金が入っているように硬い!進めているうちに体がその状況をつくっている事、もうひとつ大切な事が頭が形状を記憶してしまっている事がかなり問題。

脳の再教育といわれるように正しい形状を繰り返し頭に植え付けないと、あるところまでは回復するけど、あるところからは回復が緩慢、若しくはステータスが固定、回復が止まってしまう事があります。

いつもと何となく体の調子がおかしい、いつもよりも疲れが中々抜けない、いつもこんな所痛くならないのに・・仮にこのような事がありましたら要、要注意!早めの対処をお勧めいたします。

かく言う私もフレッシュなころ用心を怠りひどいめになった事があります。

皆様もどうぞ、お気を付けになってくださいませ。

いつも問診で絶対解説している事が何点かあります。

その中の一つ、回復するために大切視する点を3つ。

1.組成的な問題として、ゆがみを修復  体が傾き、ゆがんだままではそれを保護するため、体に負担の必要になる様子のままです。

2.体全ての血流力、循環力の回復力  血流が疲労物質、炎症物質を運搬する事で体内処理が進み、体の回復力に繋がります。

反対に循環力の低下を回復力の低下と言います。

3. 頭が記憶している形状記憶の改善 生じてして長い時が経過している時、頭が目下(悪い状況)の体の形状を記憶してしまい、体は回復に向かっても、記憶している悪い状況に戻そうと抵抗し、苦しみのある状況に戻す、あるいは回復に向かっても苦痛の感覚が悪い時のまま残ってしまう事例があります。

なので、ゆがみを修復する事はとても価値があるですが、それだけでは回復しません。

体内処理=回復力、悪い形状記憶の改善が伴う事で回復力は向上に向かいます

 

今や「国民病」とも言われる肩こり。

頭〜首、肩の筋肉が「張る」「痛い」「重い」「こわばる」などの状況の総称がおおまかにいうと「肩こり」です。

きっかけは疲労やストレス、暮らし習性や運動不足、老化現象などによって、肩の筋肉が緊張し血行が悪くなると起こりやすくなります。

加えて首・肩の筋肉が硬くなると、脳への血流不足なども起こります。

実際まで「マッサージや整体に行ったけど治らなかった」という方にこそ、当院の施術はベストチョイスです。

多くの皆様は苦しみが現れてしているところそのものにきっかけがあると思われがちですが、苦痛が現れてするロケーションときっかけとなっている痛さのきっかけ箇所が異なっているケースが多く診受けられます。

福井市のまえだ接骨院では、からだのトータル面からきっかけをちゃんとと追求して治療を行うので首・肩こりの方にそれに対しも全身の状況を診て検査し、きっかけを検証していきます。

当院ではこのような症状でお心配の方にも全身の状況を診て、体総体の水分(体液)の循環のすり合わせを行い、ゆがみの改善を図ります。

そして必須に応じて、回復力向上のためにエネルギー補給(体は仕上がっても維持するエネルギーが足りなければ、なお体は崩れていきますよね)についても忠告しておりますので、たくさんな治療をしても芳しくない、症状が気になって仕方がないと思われる方は受診されてみてはどうでしょうか。

一刻も早く苦しみから、我慢するストレスから解放されるような対処をさくっとさせてもらいます。

 


狭山市 整骨院 頭の痛み

2017-07-30 [記事URL]

近頃、頭の痛みで通院される方が増大してきました。

昔から付き合っている人、ごくこのところに出だした人、色々な方がおられます。

多くの方は、体全部が負担極まって頭の苦しみを生じてさせやすい状況にある方がほとんど、肩こりからくる人は予想以上に少ないんです。

体全部の血流力の低下から熱処理の低下につながり、しいては改善しにくいステータスにどんどん、どんどん進んでゆきます。

この場合日頃のメンテナンスも大事ですが、体本人の回復力をあげなければ中々安定してくれません。

当院では、体本人の回復力こそ重要だとの認識で施術に当たっています。

無痛である、しかし早い影響を生み出す検査、施術を行っていますのでどうぞ、お気軽にご話し合いください。

ゆがみからの頭痛、肩こり、腰の痛み

当院では体のゆがみ、歪みから来る腰痛、肩こり、頭痛、腕・足の神経痛の対処を要望される方が多く来院されます。

女子が多く、学生の方から主婦、法人員、経営者の方と多様の方を診せてもらっています。

体のゆがみ、お顔のささやかなゆがみ、ウエストライン、足の太さ・・等、他の方から見たらなんで、その位で?と思われる事もご本人様にとりましては、非常に深刻な苦痛です。

ゆがみというものは、体が左右非対称である以上誰にでも影響します。

けれども、その許容範囲を超えた段階で佇まいや体の変調を訴えられます。

かみ合わせの問題、血流、リンパの循環力の低下、水分の摂取量の不足、エネルギー(栄養分)不足、顎関節症、姿勢、目線の問題等、10人いれば10人とも違うきっかけを抱えておられます。

けれども、皆様に共通する事があります。

脳、体の疲労をため過ぎて体内の熱処理が追い付いていない事。

これにより体の膨張、筋肉が硬くなる事による支持力の低下を引き起こし、どんどんゆがみが進行し、どんどん不自然さ(疲れ、体が重い)が強くなってきます。

感覚に表れてきた時、スタイルが心配になりスタート出来た時は用心信号の進行形。

更に疲れが抜けない・・、いつも痛まないところが痛む・・、朝起きた時何かおかしい等、感じられましたら時により、苦しみが強い症状が現れる前触れの確率大です! 皆様、お忙しい定期的かと考えますがおやすめになる事(脳、体を)、できておられますか? 中々できない方も、どうかご念頭に置いていただけたらと思うとともに、お時の困難な方、見過ごせない方はご話し合いくださいませ。

 


狭山市 整体情報 かとう整骨院 肩こり1

2016-06-30 [記事URL]

慢性的な肩こりを抱えている方はとても多いと思います。
まずは肩こりの原因を知ることが大事です。
自分の肩こりの原因がどこから来ているかを知リましょう
肩の筋肉がこわばって、だるくなったり重く感じるのが肩こりです。
肩こりは首から肩周辺のエリアにこわばった感じや不快感、こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称です。
肩の筋肉が緊張して血流れが悪くなると疲労物質がたまりビタミン補給がうまくいかなくなります。
その結果、筋肉が硬くなって肩が凝ってしまいます
肩こりというと肩の凝りを指しますが、首や背中の疾患としての総称を肩こりとも言います。
背中の痛みの原因としては腰痛ともに肩こりが一番多いとされています。
肩と背中の筋肉は近いので、肩への負担はそのまま背中にも繋がり
更には腰痛の原因ともなります。

肩こりが慢性化すると、神経や骨、内臓にも影響が出る可能性があります。
そしてさらに悪化してしまうと精神的にも悪影響が出ることが多いです。
肩が凝るとイライラしたり、眠れなくなったり、食欲減退、倦怠感でなどが生じることもあります。
これは肩こりが原因で自律神経に悪影響がでていることが原因です。
自律神経に影響がてくると体が休まらなくなります。
リラックスしたくても緊張した状態が続いたり、疲れているなの眠れなかったりしてしまいます
そして胃痛や胸やけ、便秘などの内臓の不調にも繋がって内臓疾患を招いてしまう恐れもあるようです
たかが肩こりとバカには出来ません!

肩こりは同じ姿勢を長時間とることが大きな原因となっています
姿勢は大事で猫背になったりして姿勢が悪いと、
ただ座っているだけでも首や肩にかかる負担がかなり大きくなってしまいます。
体を動かさずに長時間同じ姿勢を続けることも、
肩の筋肉の緊張状態が続いて、筋肉がこり固まってしまいます。
デスクワークの多い事務員さん、座りっぱなし運転手さん、無理な姿勢が多い調理師など、
長時間同じ姿勢でいることの多い職業の人ではやはり肩こりに悩む方が多いのです。
姿勢が悪くなってしまう原因は、その人のクセや習慣、背中の筋力が不足していることなど様々ですが
さらに背骨の歪み骨盤のゆがみが進み、正しい姿勢を保つことが出来なくなって更に姿勢が悪くなることもあります
姿勢が悪い人は特定の筋肉に負担がかかるので肩こりも起こりやすくなります。
眼精疲労によって肩こりも誘発されます。
目の周りは薄い筋肉が集まっていて、目を酷使することでこの薄い筋肉に疲れとコリが溜まってしまいます。
このように目に疲れが蓄積されることで眼精疲労となります。
そしてその疲労は、首を通り肩にまで及び首筋から肩の筋肉が緊張して硬くなり血行不良となるのです

また原因として、自分に合っていない枕が肩こりの原因にもなります。
一日の約3分の1の時間を睡眠に費やしています。
ですから寝ている間、首筋が緊張したままの状態ですと肩こりが無くなる事はありません。
やわらかすぎる枕、硬すぎる枕、高すぎる枕は良くありません
自分に合わせた高さなどで作ってもらった枕を使うことが望ましいようです。
朝起きたときにも肩や首などがこっていると感じているときは
枕が合っていない証拠のようです
ストレスも肩こりは大きな関わりがあります。
ストレスなどでずっと緊張した状態が続くと筋肉も緊張して硬くなりやすいです。
普段からストレスをためやすい人では肩こりを感じやすいようです。
人間関係でストレスがたまる、ゆったりくつろげる時間がない、
残業も多く休日も仕事が入る、気になると考え込んでしまう、
倦怠感がある、このような状態ですと、心も体も休まっていない状態で、肩も硬くなってしまいますね
また中には病気が原因で肩がこるとの症状が出るときもあります。
たかが肩こりではなく、慢性的な肩こりには注意が必要です。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME