スタッフブログ

狭山市 交通事故のけがに気がつかなかった事例

2017-08-26 [記事URL]

このところ来院されたユーザーのケースです。

先日より首と腰が痛くなり、おかしいとの申し出により最初に検査をしてみました。

私:「ほんと、ごくこのところの負担で変わった形の痛め方ですね。

」 ユーザー:「なんか、朝起きた時から痛くなりだして・・」 私:「他、思い当たる事ございませんか?」 クライアント:「ないです・・・・・あれ?・・そういえば10日前に追突されたけど、その事例は痛くなかったからデフォルトにしてたけど、係りありますか?」 そして検査で調査していくと事故のけがによる反応あり。

更に接骨院で事故の治療が可能な事を知らなかったとの事。

知っている人がおおかただろうとの私本人の認識に反省するとともに、知らない人にもわかりやすく伝わるよう、腹積もりなければと改めて考えました。

事故にあわない事が第一という前提のもと、よしんばあってしまった事例は何故いいのか飲み込めない、との方も多々あると考えます。

最初に不可欠機構(保険法人、警察)に連絡後、苦痛がある、なしにかかわらず病院または当院のような接骨院、整骨院に受診される事をお勧めいたします。

対処が早いほど、その後の回復具合がかわってきます。

当院でも専門の検査、施術を行っておりますので、よしんばの時はご連絡頂けましたら早急に応対させて頂きます。

早期の回復を第一に、精神的な気がかり、ご負担も心配無用して除ける様尽力しますのでお任せください。

近頃追突事故を受けて負傷され、来院された方よりこの様な質問を受けました。

「大した衝撃も受けた感じはあまりないのに、なんでこんなに痛いんでしょうか?」 おっしゃる通り、車という箱に守られているおかげで、運転手は大けがを負わずに助かっています。

ただし実のところの衝撃は、どのような低速による事故でも普段暮らしでは生じてしえない負荷を現れてさせます。

更に、人の弱点として不意打ち、無意識下で受けた衝撃、ストレスには防ぎようがなく、些細な事にでも過敏に反応してしまいます。

(例として、車でなく、普段で当たり前に後ろから不意にワッと驚かされただけでも、ビクッとなりますよね。

) 我々治療住宅は、追突を受けた時の衝撃度の強弱に囚われずに、自然ですが、体の検査をしてゆかなければなりません。

更にそのステータスを保険法人さんにも解説しなければなりません。

当然、治療を受ける側のユーザーにも、感覚だけで決断せず、見過ごせない事は何でもご折衝下さいませ。

 

 


狭山市 整体 腰部椎間板ヘルニアの手術後の痛みの事例

2017-08-25 [記事URL]

昨年6月に腰部椎間板ヘルニアの手術を行い、回復に向かうはずが苦しみが引かず、1月上旬に来院された方のケースでございます。

初診時は一つ一つの動きが相当苦しみに満ちていて、どんどんこうした状況が続いていたそうです。

立つケース、歩きスタート出来、座る場合、寝る事例等・・とにもかくにも苦しみ よく辛抱できましたね、の問いに実際までたくさんな医療組織に受信したけど、悪くなる一方で手を尽くしたとの事。

今度のクライアントの時、たくさん検査を行いきっかけになりうるところが数多にみられ、1.骨盤、体幹のゆがみ2.体内の炎症の処理が追いついていない、体内の冷却水である水が不足している3.コルセットをガッチリ締めている事で体の痛さが増幅4.脳内の形状記憶がだいたい強く作用し、骨格・筋肉の問題だけでは落着しない重度の時に該当する見込みとしてご解説。

特に脳内の形状記憶が強く関与する時は根気が不可欠になります。

今度のユーザーは私の無料ブログサービスを見ていて下さっていて、水の補給をより多めに、締めるものを外す(外す度胸がいりましたとの事)、こちらをご習得されていて熱心にしてくださったおかげもあり、3回目ではじめが10の苦しみだとすると3の痛さの強さまでひいてくれたとの事。

ただしあの痛さのおそれから、理不尽な体勢はとりずらいのでちゃんとケアされたいとの事。

苦しみの記憶は手っ取り早くに消えるものではないのです。

(私も何度も経験してきました) 実際だから言えるけどと話されたのは、そんなに放棄していたのでここまで回復するとは思わなかったとの事。

改めて思う事は、気力と回復力という体力が働く事の価値があるさ、それと回復に不可欠な前提の必須な事。

諸々な事を再認識いたしました。

諸々な症状に苦しんでいる方にこそ、当院にご話し合いしていただけたらと考えます。

落着に向けて取り組むよう、多彩な点から対処させて頂きます。

当院のクライアントにはわかりやすく解説をしていますが、体の反応を体感するごとに皆さま絶対、「こんな事が関連するの?」と言われます。

強い痛さが引かないんだ、と言われる方は当院に御折衝をしていただく事をお勧めいたします。

勿論、悪くなる事をしない事の習性付けは、普段で何よりも大事な事だと思っています。

わからないから、悪い事だと気付かないからどんどん悪いほうへ体は向かってゆくのです。

私、施術に入る前は絶対衣装を参考にします。

そのほうが、普段がトレーニング影響を引き出す事も多々見られ、回復スピードも全く変わってきます。

その解答は、体に吸い付くもの、密着する物、締める物は激痛を出しやすく、苦しみが引かないどころか施術するほど苦しみをどんどん強める事があるからです。

そうなんです。

出来なくても「これは悪い事」わかっていれば、幾分抑制力は働きます。

その上、締めている間は激痛は引く事はないのです。

あれもこれも、と言うと普段暮らしが窮屈になるので、意外にあれだめ、これだめとは言わないのですが、これだけは!という事は1つ、2つ位はかなりうるさくいう事があります。

なぜでしょう。

 

 


狭山市 交通事故によるむち打ち、初めての方

2017-08-25 [記事URL]

交通事故による通院開始から3ヶ月経ち、回復が進んでいるSさんから、「良くなってきているから良かったけど、事故で受けた苦しみって実際に中々抜けないんですね。

これで中途半端に悪い状況を残すと後が怖いですね。

」というお話を頂きました。

実のところに体験された方にしか感じ得ないお話だと、かなり考えました。

交通事故の負傷から回復まで、・ 筋肉、靭帯の痛めた箇所の修復・ 脳内に記憶されている、事故で受けたその頃の衝撃、インパクトの解除・ 体概要の回復力の向上                         ・・等  を達成しなければなりません。

どれか一つ欠けても今後の経過に大きく影響してきます。

後々に支障が出ないよう、随時検査から施術に入り、その上検査と最先端の配慮を持ってお体に接しております。

交通事故を受け中々回復しない方は、上述のいずれかに該当している見込みが心積もりられますのでお問題の方は、気を軽く持ってご折衝くださいませ。

 

近頃、事故によるむち打ちにより受傷された方が来院されました。

今度初めての経験だそうですが、諸々ご心もとないと戸惑いがあるようです。

もちろんです。

はじめの申込み手順は、ご本人の参加されている保険企業の指示に従って対処していただいているのですが、これだけでもエネルギー利用します。

なので、申込み手順後は直ぐに事故治療に入るのですが、症状の回復は当然、メンタルの負担、ご心もとないにも対処していく不可欠があります。

たくさんご質問も受けました。

実際の痛さはどれだけ続くのか? ちゃんととよくなるのか? どの位のペースでどの位の期間が必要になるのか? 後遺症は残らないのか?等、こういった気がかり、質問、心もとないがあると回復が遅延してしまうのも事故による障害のもち味であります。

なので、このようなご質問にお答えするのも解説というよりは、大事な治療の一環であると私は捉えています。

不可抗力にも遭遇してしまわれた方(トラブル者、加害者のどっちも)にそれに対しわずかでもお体、精神面のご負担を除去可能なようマックス面に努めますので、仮にの時はご折衝くださいませ。

 


狭山市 整骨院 整体 当院の受付けについて

2017-08-24 [記事URL]

本日、足首が腫れ、病院で検査をしましたが、関節の骨、軟骨に異常はないとの事で、お医者様からも「何だろう」と言われたので当院に来院された方がおられました。

足関節を検査するとおっしゃる通り諸々な検査において反応せず、足関節もマッチングしている模様。

これは、断っておきますが足関節のみを診たケース。

では、体概要から診た様子はというと、肩・腕から体全てが傾き、傾いた体を支持する負荷が丁度痛めている足首に向かっているようでした。

添加、体の疲労熱が処理しきれておらず、炎症性の症状を助長させた見込みがあると客観的に分かる検査を通して解説、施術を行いました。

施術後は、体が軽くなった分足首の痛さが減ったとの事で、体の負担が足首にかかっているので次回より更に体内処理、自己回復力を上げていきましょうというところで終了、なお次回からとならました。

採り上げるののように病院での検査により異常なしとなり、でも苦痛がある事例は体全てを診た時別の個所にきっかけがあるのではないか?と疑います。

但し、細菌が傷口より浸入する事で強い腫れ、激痛を引き起こす事もあるので、どれほどの事例においても専門組織に早めに受診される事をお勧め致します。

当院ではどれほどの状況においても主観で決断せず顧客にも分かる様、又、誰が診ても同じ見方が可能なような検査を行っていますので、常に症状が不安になり続けている方、ご不安な方は一度来院されてみてはどうでしょうか。

度々ある事ですが本日も、とび込みの方が4人来院されたのですが、その後のご予約の方が詰まっていたのでお断りする事となってしまいました。

やはり来ていただいたのに、申し訳ない心の内でいっぱいです。

ホームページを参照になられての方が多く来院されていますが、当院は完全予約制となっております。

前日までに電話にてご予約される事をお勧めしております。

(但し、急を要する時は別となります。

) 皆様を回復に導くために不可欠な施療時の確保と、待ち時間をなくす目的のもと設定させていただいております。

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

 


狭山市 整体 腰痛、肩こり 貴方の一番のお悩みは何ですか

2017-08-24 [記事URL]

いつも治療前には絶対問診から入ります。

その場合ステータスを聞くのですが、初診の段階でお薦め解消やりたいお心配を聞くようにしています。

一例を挙げれば、業務に支障ないように、我が子を心配無用して抱っこやりたい、O月O日に旅行に行きたいので間に合わせてくれ等、具体的であればある程回復が進みやすくなります。

これは、ただたくさん体を直すだけでなく、ゴールを決めると人の意識はそこに向かいやすくなります。

実のところ、お薦め落着やりたい事を設定する方としない方とでは、回復にも差が出ます。

(同じ程度の症状をお持ちの時) ご来院になられる新規のユーザーには絶対お尋ねしていますので、お答えいただけると嬉しいに存じます。

私共セラピストのサガですが、うまくいった事よりも綺麗にいかなかった事、大変だった事のほうが記憶に残っている事が多々あるです。

そんな訳で、今日のユーザーへの解説中、「痛さは左にでてますが、その痛さを現れてさせているのは右側です」と話したところ、そのような解説は初めて聞いたとの事。

言うまでもなく、諸々な客観性を持った検査を行っての上でです。

この場合、苦しみのある個所を中心にやりすぎると反対に負担し過ぎる形を強め、苦痛が悪化するケースがあります。

そんな訳でお客さまも腑に落ちたようで、施術後症状和らげるにて本日は検査で見定め後ここまで、次回以降回復力を早めていきましょうという事で次回に繋げていただきました。

そのクライアントが発したお言い回しは、「実際までたくさん治療してきたけど、様子が変わらないか、反対に痛さが強くなるかのどっちだった。

今日の解説でがてんがいった。

」とおっしゃられていました。

20年前ですと私も同じ事をしていたかもしれません。

ただ、主観的なところでは確定要素に乏しく、断っておきますが客観的に確定可能な検査は顧客の把握を得るため、又、現在の様子を理解していただくため、私にとりまして現況を理解するために不可欠必要な事だと改めて認識した次第です。

今後も不可欠な事は検査、解説、施術と皆様にも共に共有して行きたいと考えます。

 


狭山市 整骨院 整体 歯を噛み締める癖、歯ぎしり

2017-08-22 [記事URL]

先日歯を噛み締める癖があり、歯ぎしりやひどくなると歯が痛くなるとのお苦痛にて、回復するのでしょうか?とのご話し合いを受けました。

同じ時でお不満の方は多く、多くの方はちゃんと回復させるまでに至っています。

ただ、こういった癖から顎関節症に移行する場合や、すでに顎関節症が形成されている事例もあります。

なぜ、噛み締めてしまうのか?これは筋肉、骨格的な面できっかけになっているのか、又は自律神経の関連でなってしまうのかに大きく分類られます。

筋肉、骨格がきっかけのケース、体の疲労が目いっぱいになってくると、体で負担できない分は顎に力を入れる事で体を支えようとします。

重いものを持つ時や他に、力を入れ体が目いっぱいになると、自然に歯を食いしばり顎に力が入る事で更に力が入りますよね。

自律神経のケース、力を使用するのではなく、無意識にご自分に力が入ってしまっている事例これに該当します。

多くの事例「慌しい」「気が抜けない」「次あれしなきゃ」等、脳のスイッチがONのままになる事で、お顔の概要若しくはところ的なところに力が入る事で自発的に顎が閉まる、歯を噛み締める、といった様子に普段的になりやすくなってしまいます。

いずれの事例も共通する事は体のご負担、緊張様子を解除する事で顎関節の回復に持っていく事は、充分にできるであります。

ただ、体若しくは精神的に負担がかっていても、体に疲れ・苦しみの感覚として現れない方もいますので、そのケースは用心が必須です。

念のためですが、歯の苦しみが普段的な時は歯科医様へ受診もお勧めしております。

なので、全ての時を想定するので、的確な様子を理解するためにご来院されてみてはどうですか、ともお話させて頂きました。

この話は、同じ苦痛の方も実のところ多々あるかと考えますので、この場で占有率させて頂きました。

今度は私が体感した事。

睡眠と体の関連です。

私たくさん何やかんやして、寝るのが夜中1:00すぎ頃。

朝の起床時は6:00頃で、睡眠時は約5時です。

その日、その週の後半になると疲れが出ます。

それが、先週後半から今週にかけて8時睡眠を遂行したところ、体の疲れが全然違う!という事を体感しています。

人は睡眠中に循環力を回復させ、新陳代謝の働きを上げ、それにより睡眠中に疲労の除去がはかられます。

なーんだ、そのような事知ってるよ、と言ってもする、しないで結果は全く違ってきます。

採り上げるのの私のように・・・ 皆様の暮らし環境により可能な方、できない方と各々いらっしゃられるかと思われますが、体の疲れが抑えられると体の諸々の症状を未然に防ぐ、若しくは回復力を高める事も可能なかと思われます。

一度やってみていただく事、お勧めします。

 

 


狭山市 整骨院 整体 ストレスによる腰痛の事例

2017-08-22 [記事URL]

先日の土・日曜日はセミナーに出席させていただきました。

(ご嫌がらせをかけてしまった皆様方、申し訳ございませんでした) そんな訳で、講師の先生から興味深いお話がありましたので占有率やりたいと思った次第であります。

講師の先生のご身内の方(男性)ですが、腰の苦しみが長期に渡って続き10年間諸々な治療を受けたのですが、結果は常に痛いまま。

ストレスも年がら年中ひどいそうです。

苦痛とも永らく付き合ってきたので、なんとかお業務もこなしてきたのですが・・ それがある機会で講師の先生とご身内の方が会ったとき、腰の苦痛の話ではなく、諸々な世間話を聞いていたそうです。

聞いていたというのは、おしゃべりではなく、とにもかくにも一方的に聞いていたそうです。

ちょくちょくはあいずち、同調しながら。

それ以来、どうもご身内の方の腰の調子がその後よろしいみたい、との報告を受けストレスが解除されてのものではないか?との事でした。

その通り、こうした場合は私も多く経験してきました。

反対にストレスの解除の結果、体への反応が抑えられ苦痛の感じが減ります。

当然、体の疲れが強い時はストレス=脳の緊張、そこに体は反応します。

反応した結果、負担が向かう先に症状を発します。

脳への反応がシャットされ苦痛という現象、反応を抑えられるのではないか、という事です。

なので、私はクライアントには体を休める場合、頭も休めてくださいと話しています。

これはかなり、苦しみの回復に反対には見所高いかと存じます。

ストレスはいつも必要になるもの、ただし、その日にどれだけ初期化出来ているかにより次の日の具合が体に現れます。

負担を抜いてあげるとストレスを流す事が可能なようにもなります。

ユーザー方々、疲れを残さぬようくれぐれもお大事になされてください。

前回のその1に続いてその2を解説致します。

その1、その2は我が家管理において、何をするよりも優先事項となりますので必須です。

その2、吸いつく、密着する、一層強いのになると締めるもの(ガードル、コルセット、サポーター等)を身につけている、そのような衣服の時突然苦痛を発する事例があります。

(骨折、捻挫、ヘルニア等は除きます。

) よく大きなビニール袋で解説していますが、軽く膨らませた袋を外から軽く圧を加えると袋はパンパンになりますよね。

体も同じ、外からの圧が必要になると体内の腹圧等が上昇し体全部が膨張(腫れに似ます)しまくります。

これにより痛覚が鋭敏となり、浅い層の組織も傷つきやすく突然激痛に見舞われる事があります。

当院では具合の悪い間は2大きさ大きめ、空気が入るくらい大きめの衣服、下着をお薦めしています。

施術に加え、その1、その2が出来た方から回復が進んでゆく方が多く、反対に出来ない事例回復が緩慢になる事も実証されています。

皆様にもどうぞお勧め致します。

 


狭山市 交通事故による痛み、その他でお悩みの方へ

2017-08-22 [記事URL]

交通事故の負傷、怪我において度々遭遇するのですが、約2週間の間で違うスポットに苦しみが出る、こうした事例はよく遭遇する場面であります。

この2週間の間、というのが今度お話しするキモなのですが、2週間過ぎた時に現れてした苦しみは事故の治療として対処してもらえるのか? 解答は原則NO、事例によってはYESにもなりますが。

なぜ?の解答として、2週間を超えて苦しみケース損保法人は、「普段暮らしで痛めたのではないですか?」という捉え方をされます。

的確に言うと、二分の一YES二分の一NOではありますが・・ なので、ケースによっては病院で再びの検査を必須とされる事例もあります。

当院ではその様な事がないよう、前もってに絶対検査を行い、後になって苦痛が出ないよう処置扱ってに心がけています。

仮に、全ての場面、時においてご負担に感じる事、不安な事、お困難がありましたらどうぞ、お手軽にご折衝くださいませ。

ことのほか何とかなる事も結構あるかと考えますよ。

このところ追突事故を受けて負傷され、来院された方よりこの様な質問を受けました。

「大した衝撃も受けた感じはあまりないのに、なんでこんなに痛いんでしょうか?」 おっしゃる通り、車という箱に守られているおかげで、運転手は大けがを負わずに助かっています。

ただし実のところの衝撃は、どういった低速による事故でも普段暮らしでは生じてしえない負荷を生じてさせます。

その上、人の弱点として不意打ち、無意識下で受けた衝撃、ストレスには防ぎようがなく、些細な事にでも過敏に反応してしまいます。

(例として、車でなく、普段でありきたりに後ろから不意にワッと驚かされただけでも、ビクッとなりますよね。

) 我々治療居宅は、追突を受けた時の衝撃度の強弱に囚われずに、自然ですが、体の検査をしてゆかなければなりません。

更にその状況を保険法人さんにも解説しなければなりません。

無論、治療を受ける側のクライアントにも、感覚だけで決断せず、気に掛かる事は何でもご折衝下さいませ。

 

交通事故にて施術を着手するにあたり、患者様皆様そうですが、「この様な時如何にしたらよいのだろう?」といった質問、お問題に遭遇する事があり、又、その様な話し合いをよく受けます。

お体がつらい時なので、それすらもお体にとって苦しみになってきます。

なので、交通事故の患者様には(無論、クライアント皆様にそうですが)、「なんでも聞いてください。

」「見過ごせない事等なんでも言ってくださいね。

」といつも声かけをしております。

一例を挙げれば、一番目の申込み手順から始まり、転院はできるか?、途中で違うところも痛くなってきたけど事故の怪我?それとも普段の暮らしで痛めたもの?、等質問は多岐にわたります。

私も業界25年の経験の中でつちかわれた知識と、それに基づいた実践法、対処法を心得ていますので、明確にご返答可能なかと考えます。

仮に、ハードルが高い案件も稀にありますが当院算入の所属団体、若しくは話し合い弁護士の方にも協力、話し合いする事で決着可能な場合がそんなにであります。

お体のつらい時の精神的なご負担はお体にとりまして、非常につらいものであります。

 


狭山市 整骨院 整体 スポーツ障害

2017-08-22 [記事URL]

スポーツ障害の治療法 スポーツ障害を生じた時、急性又は初期において症状にもよりますが、普通にはRICE処置を施します。

RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest) 患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice) 患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression) 患部を包帯やサポーターなどで圧迫する事により内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation) 患部を心臓より高く上げる事によりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。

しかも、関節可動制限がある事例はその関節を矯正する事で、治癒期間の短縮が望みできます。

一例を挙げればテニス肘の事例、肘だけを診るのではなく肘関節と連携して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)および腰から下半身の関節可動制限を回復させる事で、より短期間に治癒する事が多々あるです。

人の体は一見痛むところだけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、諸々なところでつながりがあり、連携して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、理不尽なトレーニングをせず、自らのアビリティーにあったトレーニングをする事です。

加えて異常を感じたら直ちに運動を打ち切りし、接骨院や整形外科等を受診する事です。

 


狭山市 交通事故によるむち打ち、初めての方

2017-08-21 [記事URL]

今の時代、事故によるむち打ちにより受傷された方が来院されました。

採り上げるの初めての経験だそうですが、諸々ご心もとないと戸惑いがあるようです。

もちろんです。

一番目の申込み手順は、ご自分の参加されている保険法人の指示に従って対処していただいているのですが、これだけでもエネルギー利用します。

なので、申込み手順後はさくっと事故治療に入るのですが、症状の回復は無論、メンタルの負担、ご心もとないにも対処していく不可欠があります。

たくさんご質問も受けました。

実際の痛さはどれほど続くのか? ちゃんととよくなるのか? どの位のペースでどの位の期間が必要になるのか? 後遺症は残らないのか?等、こうした気がかり、質問、心もとないがあると回復が遅延してしまうのも事故による障害のもち味であります。

なので、このようなご質問にお答えするのも解説というよりは、大事な治療の一環であると私は捉えています。

不可抗力にも遭遇してしまわれた方(トラブル者、加害者のどっちも)にそれに対しちょっとでもお体、精神面のご負担を除去可能なよう最大限面に努めますので、仮にの時はご話し合いくださいませ。

交通事故の負傷、怪我において度々遭遇するのですが、約2週間の間で違うスポットに苦痛が出る、こうした時はよく遭遇する場面であります。

この2週間の間、というのが採り上げるのお話しするキモなのですが、2週間過ぎた時に現れてした苦しみは事故の治療として対処してもらえるのか? 解答は原則NO、事例によってはYESにもなりますが。

なぜ?の解答として、2週間を超えて苦痛ケース損保法人は、「普段暮らしで痛めたのではないですか?」という捉え方をされます。

的確に言うと、二分の一YES二分の一NOではありますが・・ なので、ケースによっては病院でまたの検査を不可欠とされる場合もあります。

当院ではその様な事がないよう、前もってに絶対検査を行い、後になって苦痛が出ないよう処置応対に心がけています。

万が一、色々な場面、時においてご負担に感じる事、不安な事、お苦痛がありましたらどうぞ、おリラックスしてにご折衝くださいませ。

ことのほか何とかなる事も結構あるかと考えますよ。

 

 


狭山市 整骨院 整体 体のゆがみ、産後の骨盤への施術

2017-08-21 [記事URL]

出産後の骨盤すり合わせの施術を受けているクライアントより、こういったお話をいただきました。

整体はボキボキするものだと思ってきてみたら、全然印象と違って感銘ました。

現実にさわっているだけで全く整体を受けてる感じがしないのに、体が軽くなって、成果がでているのがわかりました。

これまで受けていた整体ってなんだったんだろうと考えました。

細心の注意をもってに私の体の状況の解説をしてもらってより成果を体感しました。

体が実際に楽になりました。

ありがとうございました。

非常にありがたいお会話に改めて、「私に可能な事」「私にしかできない事」を精一杯行ってゆこうと強く考えました。

分娩直後はホルモンの影響で軟部組織、靭帯が緩くなりいつもよりゆがみが出やすい状況になります

このホルモン分泌は出産後6か月間続くと言われており、この間自然と骨盤はしまっていくのですが、分娩後の骨盤は非常にゆがみが出やすい様子になっています。

それにより多くの母親が分娩直後は骨盤がゆるい感じ、歩くと不安定、ぐらぐらすると感じられているようです。

出産後の骨盤の施術は、分娩から1ヶ月後〜六ヶ月がイチ押しです。

分娩から早ければ早いほど施術成果が高いのですが、まだ子宮が収縮していない様子ですと骨盤は安定していないし、あまり影響が出にくいです。

出産後のひどい腰痛や股関節痛、尾骨痛、尿漏れなどに困っているケースは、ご話し合い下さい。

無事に分娩前のように骨盤が閉じてくれればよいのですが、暮らし習性、ホルモンバランスや抱っこなどの物理的な負担に加え、子供の世話などによる疲労から母親の体がゆがんでしまいます。

結果として母親の全身に影響を及ぼし、腰痛、尿漏れ、下半身太り、股関節の苦しみ、恥骨の苦痛から顎関節まで諸々な症状が出てしまいます。

どこにきっかけがあるかを明確とさせるために検査を行いその後まえだ接骨院、独自の骨盤すり合わせを受けていただきます。

福井市のまえだ接骨院では、福井市でも専門性の高い出産後の骨盤すり合わせの施術を行っており、その上施術に際しては痛さが全くないので心配無用してお受け可能なかと考えます。

広がった骨盤をなんとかやりたい、左右の骨盤が微妙にズレている感じがする方は上述の通り早めの対処をお勧めいたします。

 


狭山市 整骨院 整体 急性の腰痛の回復法の例です

 [記事URL]

今度は、急性の腰痛の回復法の一例をお伝えしたいと考えます。

(因みにご本人にはご了解をいただいております。

) 先週の木曜日、体をくの字に曲げて来院された顧客がいました。

昨日かがんだときキクっとなり、それから激痛だとの事で、その通り腰・その周辺は腫れまくっています。

そこでのチャットですが、 ユーザー「今日一日で何とかしてくれんや。

」 私「炎症がひどいんで、引かせるように最善を尽くしますが後はどれだけ早く炎症が引いてくれるかですね。

お医者様でも39度の熱を、その日のうちに引かせるなんてできないでしよ。

同じ事ですよ」 ユーザー「土曜日ゴルフなんや。

」 私「・・・・」 いつも、一回の施術で一通りの事が解消するなんて最初にありえません。

けれども、採り上げるのはまだなって新しい。

ここは助かりました。

私「水を2リットル以上採ってください。

」すると、こちらのユーザー、施術終了が4時でその後、4リットルの水を採られたそうです。

次の日みえられた場合は、体はちゃんと伸びており、本人いわく「昨日の苦しみは何だったんや。

」という位に凄く引いていました。

水を採りまくる事で、炎症物質の体内処理が進み回復が進んだ極端な例でございます。

当てはまる方も多くおられるはずですが、水の摂取の必須性を示す今度の場合でございました。

回復力の進んだ症例を今後も共有してゆきたいと考えます。

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME