狭山市 整骨院 腰痛 整体 ヘルニア

狭山市 整骨院 腰痛 整体 ヘルニア

2017-07-30

今日は、約半年前から腰のヘルニアで通院されているBさんのお話をさせていただきます。

ここ3カ月くらい前からはメンテナンスのため通われているんですけどね。

お業務は一日通してデスクワーク、お医者様からは手術を勧められるも、可能な事ならこのまま何とかして望むとの事でご来院。

現在でもそのその頃のお話をよくします。

一番目はものすごく悪い様子で、非常に苦しみで苦しんでいる状況でした。

・・わかります。

私も腰のヘルニアをなった経験ありますから。

Bさんの経過を追うごと徐々に施術の影響が表れるも、体の疲労物質、炎症物質の現れて量にそれに対し処理が追い付かず、腰がというよりも体概要としての回復するための体内環境があと一歩上がってきませんでした。

それ故はじめの一か月の間はいい様子、悪いステータスを繰り返し安定しませんでした。

なぜでしょう。

私がヘルニアの方を診てきた中で共通する事は、体と精神が強い方、体を休めていない方、口元を閉じる事が多く、上と下の歯を食いしばっている方(これは改めてお話いたします)等、特に休む事ができない方に多く見受けられます。

Bさんも全くその通りに該当していました。

しかも、休まない事が当たり前の感覚になってしまっていたのでした。

それに気付いてから回復が早まったように思えます。

ヘルニアに限りませんが、身に覚えのある方はご配慮を。

強い事はいい事ですが、反対に負担し過ぎる、頭や体を休める事をされない時、負担可能な限界値をこえてパンクしてしまいます。

見過ごせない方は、真っ先に休められるケースはとにもかくにも休める、これ、すごく大きい事です。

それと、体のメンテナンス、悪い方は早めの受診をお勧めいたします。

度々往診、若しくは出張整体にでる機会があります。

さらに、救急的に急な強い腰痛のために伺う事もあります。

きっかけは多岐の渡ります。

転倒による事例、朝起きる事例いきなり、階段から落ちた・・等、場合によって諸々あります。

もちろん、そのシーンにより処置の仕方が変化します。

早く処置が不可欠な時、炎症症状がかなり強く処置よりも安静、冷却のみを優先する事例、病院に検査を注文する時(但し、痛くて動けないので病院と話し合いする事あり)、多様な事が想定されます。

真っ先に如何にしたらよいか?の問いには先に記載しました通り、多様な事が想定されますが、普通には、断っておきますが可能なならばとの前提の中で処置可能なならば早ければ早いほど回復は早いです。

言うまでもなく、その場合はご連絡くださる不可欠がありますが、様子をみて反対に苦痛がひどくなる人を多く診てきました。

最初に何を優先すべきかの観点に立ち、最高ベストな技法をとって参りますので、苦しい考えをなされている方は早く回復に導きますので、早急にご連絡くださればと考えます。

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME