狭山市 整骨院 腰痛の改善に重要な水の摂取の必要性

狭山市 整骨院 腰痛の改善に重要な水の摂取の必要性

2017-09-08

 骨格、筋肉を診ていると炎症・疲労物質の処理反応が鈍いことがあります。

 

特に今月に入った途端暑くなり始め、体内の水分の消費量が増え、その結果急に痛みを発したとの新規のお客様が多くお見えになられました。

 

なので大切な命題、体内の必要な水について。

 

水不足になると様々な痛みが発生するだけでなく、回復力にも多大な影響を及ぼします。

お医者様でレントゲン等の検査をしても痛みは強いのに異常なし、といわれるケースはこれに該当することが多く見られます。

人の体は70~80%は水で出来ております。

そのうちは毎日汗(代謝)、尿として2~2.5L体より出てゆきます。

それにより体内の水が不足すると血液がドロドロとなり血流力の減退、代謝が悪くなり回復力が遅延してしまいます。

なので、当院では今の時期でも、2L若しくは2.5L摂るつもりを推奨しています。(一般的な目安として体重1kgにつき30ccが基準)

 

お手洗いが近くなる等、不都合な面もあるかと思いますが、冬場でも寒さ、暖房による乾燥、汗をかいても早くに乾きます。

お茶はどうですですか?とも聞かれますが、基本的には水がベスト、多少はお茶を混合してもよろしいかとは思われますが。

治りの悪い痛みには水不足といったケースを多くみられるので、皆さまにもお気をつけていただきたいと思います。

もし、ご不明な点、ご心配な点ががありましたら、当院にお問い合わせ願いたいと存じます

先週は急性の腰痛の方、強い坐骨神経痛の初来院のユーザーが続きました。

その中には「レントゲン、MRIを撮ってもらったけど何がきっかけかわからなかった」「ブロック注射してもらったけど変わらなかった」という方もおられました。

体の全て像からみるゆがみ、傾きは皆様各々相違ますが一つ共通する事が。

決定的な水不足です。

摂取不足です。

例えるならオーバーヒートを起こしているのではないか?といった方もおられました。

その中の重度の何人の方に必須量の水を、四の五の言わずとってもらうと(多量とってもらいました)、確実に苦痛が低減し、中には「あんな苦しみがこんな引き方するんですか」と体感されている方もいました。

先週のうちで再来院された方も体感された事で、それが心配無用感につながるとの方もいらっしゃられました。

決してこればかりが一通りでなく、すべてが適正に処置されたからの結果ではありますが。

実際の頃合は定期的2リットル以上とれるといいですね。

理不尽でもその位とるつもりで。

私も定期的2リットル以上とっています。

腰痛が不安な貴女には何とぞお勧めやりたい事であります。

※ 部分の内臓疾患によりお医者様より量の制限を受けている方は対象外となります。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME