狭山市 交通事故のけがに気がつかなかった事例

狭山市 交通事故のけがに気がつかなかった事例

2017-08-26

このところ来院されたユーザーのケースです。

先日より首と腰が痛くなり、おかしいとの申し出により最初に検査をしてみました。

私:「ほんと、ごくこのところの負担で変わった形の痛め方ですね。

」 ユーザー:「なんか、朝起きた時から痛くなりだして・・」 私:「他、思い当たる事ございませんか?」 クライアント:「ないです・・・・・あれ?・・そういえば10日前に追突されたけど、その事例は痛くなかったからデフォルトにしてたけど、係りありますか?」 そして検査で調査していくと事故のけがによる反応あり。

更に接骨院で事故の治療が可能な事を知らなかったとの事。

知っている人がおおかただろうとの私本人の認識に反省するとともに、知らない人にもわかりやすく伝わるよう、腹積もりなければと改めて考えました。

事故にあわない事が第一という前提のもと、よしんばあってしまった事例は何故いいのか飲み込めない、との方も多々あると考えます。

最初に不可欠機構(保険法人、警察)に連絡後、苦痛がある、なしにかかわらず病院または当院のような接骨院、整骨院に受診される事をお勧めいたします。

対処が早いほど、その後の回復具合がかわってきます。

当院でも専門の検査、施術を行っておりますので、よしんばの時はご連絡頂けましたら早急に応対させて頂きます。

早期の回復を第一に、精神的な気がかり、ご負担も心配無用して除ける様尽力しますのでお任せください。

近頃追突事故を受けて負傷され、来院された方よりこの様な質問を受けました。

「大した衝撃も受けた感じはあまりないのに、なんでこんなに痛いんでしょうか?」 おっしゃる通り、車という箱に守られているおかげで、運転手は大けがを負わずに助かっています。

ただし実のところの衝撃は、どのような低速による事故でも普段暮らしでは生じてしえない負荷を現れてさせます。

更に、人の弱点として不意打ち、無意識下で受けた衝撃、ストレスには防ぎようがなく、些細な事にでも過敏に反応してしまいます。

(例として、車でなく、普段で当たり前に後ろから不意にワッと驚かされただけでも、ビクッとなりますよね。

) 我々治療住宅は、追突を受けた時の衝撃度の強弱に囚われずに、自然ですが、体の検査をしてゆかなければなりません。

更にそのステータスを保険法人さんにも解説しなければなりません。

当然、治療を受ける側のユーザーにも、感覚だけで決断せず、見過ごせない事は何でもご折衝下さいませ。

 

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME