狭山市 整体 腰部椎間板ヘルニアの手術後の痛みの事例

狭山市 整体 腰部椎間板ヘルニアの手術後の痛みの事例

2017-08-25

昨年6月に腰部椎間板ヘルニアの手術を行い、回復に向かうはずが苦しみが引かず、1月上旬に来院された方のケースでございます。

初診時は一つ一つの動きが相当苦しみに満ちていて、どんどんこうした状況が続いていたそうです。

立つケース、歩きスタート出来、座る場合、寝る事例等・・とにもかくにも苦しみ よく辛抱できましたね、の問いに実際までたくさんな医療組織に受信したけど、悪くなる一方で手を尽くしたとの事。

今度のクライアントの時、たくさん検査を行いきっかけになりうるところが数多にみられ、1.骨盤、体幹のゆがみ2.体内の炎症の処理が追いついていない、体内の冷却水である水が不足している3.コルセットをガッチリ締めている事で体の痛さが増幅4.脳内の形状記憶がだいたい強く作用し、骨格・筋肉の問題だけでは落着しない重度の時に該当する見込みとしてご解説。

特に脳内の形状記憶が強く関与する時は根気が不可欠になります。

今度のユーザーは私の無料ブログサービスを見ていて下さっていて、水の補給をより多めに、締めるものを外す(外す度胸がいりましたとの事)、こちらをご習得されていて熱心にしてくださったおかげもあり、3回目ではじめが10の苦しみだとすると3の痛さの強さまでひいてくれたとの事。

ただしあの痛さのおそれから、理不尽な体勢はとりずらいのでちゃんとケアされたいとの事。

苦しみの記憶は手っ取り早くに消えるものではないのです。

(私も何度も経験してきました) 実際だから言えるけどと話されたのは、そんなに放棄していたのでここまで回復するとは思わなかったとの事。

改めて思う事は、気力と回復力という体力が働く事の価値があるさ、それと回復に不可欠な前提の必須な事。

諸々な事を再認識いたしました。

諸々な症状に苦しんでいる方にこそ、当院にご話し合いしていただけたらと考えます。

落着に向けて取り組むよう、多彩な点から対処させて頂きます。

当院のクライアントにはわかりやすく解説をしていますが、体の反応を体感するごとに皆さま絶対、「こんな事が関連するの?」と言われます。

強い痛さが引かないんだ、と言われる方は当院に御折衝をしていただく事をお勧めいたします。

勿論、悪くなる事をしない事の習性付けは、普段で何よりも大事な事だと思っています。

わからないから、悪い事だと気付かないからどんどん悪いほうへ体は向かってゆくのです。

私、施術に入る前は絶対衣装を参考にします。

そのほうが、普段がトレーニング影響を引き出す事も多々見られ、回復スピードも全く変わってきます。

その解答は、体に吸い付くもの、密着する物、締める物は激痛を出しやすく、苦しみが引かないどころか施術するほど苦しみをどんどん強める事があるからです。

そうなんです。

出来なくても「これは悪い事」わかっていれば、幾分抑制力は働きます。

その上、締めている間は激痛は引く事はないのです。

あれもこれも、と言うと普段暮らしが窮屈になるので、意外にあれだめ、これだめとは言わないのですが、これだけは!という事は1つ、2つ位はかなりうるさくいう事があります。

なぜでしょう。

 

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME