狭山市 整骨院 整体 急性の腰痛、首・肩の寝違い

狭山市 整骨院 整体 急性の腰痛、首・肩の寝違い

2017-08-19

先日は、急性の腰痛、首・肩の寝相違について、症状を発した皆様に共通する事がありました、と伝えました。

見所は大きく分類て3点。

1.体質、ストレス耐性が特に強い方。

2.炎症物質を体内処理する為の水の摂取不足。

3.お顔(特に目線等)が下に向いている事がありきたりになっている事例。

この中で、体質、ストレス耐性が特に強い方についてお話いたします。

いつも、体、精神が強い事は非常に良い事だとされています。

けれども、当院に来院される顧客は急性の症状を伴って、強い方ばかりが強く痛めて来られます。

強い方は相当疲労(物質)をため込んでも、苦痛は感じず(私は、体の配慮信号又はセンサーと言ってます)、せいぜい疲れが抜けない、直ちに抜けるだろうと位にしか感じません。

なので、それ以上の負担を出来てしまうのでかけてしまう、すると、大きく蓄積された疲労がいっぺんに決壊して体をこわしてしまいます。

反対にもうに苦しみを感じる方、もうに体の用心信号に引っかかる方は疲労がため込まないうちの処置ができるなケースがあります。

来院されているクライアントには、わかりやすいのでペットボトルで解説しています。

(言語での解説はややこしいので) いつもあまり腰、首、肩を痛める事はないけど、痛めるケースはぎっくり腰、寝異なる点ばかり、と言われる方は該当する見込みがあるので、現在のタイミングは特にお注意を払っていただきたいと考えます。

何に気を付けたらいいの?いつも如何にしたらいいの?あと一歩くわしく聞きたい、と思われる方は何とぞご来院頂きたいと考えます。

今週は、特に急性若しくは痛さの強い腰・首・肩の症状の初診の顧客が続きました。

その中で皆様に、ほんと皆様に共通する事がありました。

秘訣は大きく区分て3点。

1.体質、ストレス耐性が特に強い方。

2.炎症物質を体内処理する為の水の摂取不足。

3.お顔(特に目線等)が下に向いている事が常識的になっている時。

あ、私の事?と思われる方もいられる事かと考えますが、これに密着性の高い衣服を含めると、どこの苦痛でも回復しない前提が出そろいます。

2.と3.は度々大きく上乗せしていますが、1.については(過去一回大きく上乗せしてました)余り解説していなかったですよね。

今後の頃合、大いに大切なので1.2.3.とも順を追って改めて解説してゆきたいと考えます。

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME