狭山市 産後のケア、産後のストレス除去、骨盤調整

狭山市 産後のケア、産後のストレス除去、骨盤調整

日の顧客、分娩後左足が開かなくなり、苦しみもひどくなってきたので我慢できなくなりご来院されました。

  昨日の「悪いのはどこ?」につながるので、その時の模様をお話します。

 足が開かないとなると骨格的には前・内側だと恥骨、外・後ろ側だと骨盤・股関節・体幹の回転不足等たくさん腹積もりますが、検査していくと形体上の異常はなし。

 でも左足は確かに開きません。

 いちからきっかけを調査していくと、衣服の密着性(ストレッチデニム)が一番目の問題。

 大きめの履物にお着替え頂き再び検査。

すると、水分不足にて疲労熱による筋肉の硬化がみられるため、熱処理のため水を採っていただく事に。

 引き続き検査してゆくと悪い側は苦しみのある左足ではなく右側全般。

お伝えしたところ「えっ、痛いのは左ですけど?」 理解いただけます。

10人いれば10人の人が同じ事言われますからね。

 更にストレス検査にて頭の緊張から体に対し反応あり。

 手軽にな頭の初期化法を行うと動かなかった左足がすぐに動き、反対に右足が硬くなる形に。

 私:「これが通例の形ですよ。

」 クライアント:「え〜っ、うそー!?」 そのほかの検査により的確なステータスを理解できたところで、これから初めて施術に入ります。

 施術後は充分に改善しますが、今後大事な事を指導して初回の施術を終えました。

 今日相当価値があるだった事は、分娩後という事で相当定期的が忙しく、頭が閉まりっぱなしであった事。

現実に定期的が大変なところがデフォルト脳を通して体に現れているようでした。

 因みに、頭は体のスイッチと私は定義づけています。

 ここは大きな秘訣。

 もう1つは衣服。

吸いつく衣服は体内圧を上げ時として激痛、又は痛さのきっかけ箇所を全く違うところに生じてさせたりします。

 ここも大きな極意。

 もう1つは水の摂取。

支出される分が多々あるだけに多めに補給で来る事が望ましいところです。

 因みに水は体の構成に相当必須であると並行して冷却水の働きもします。

体内の熱処理には非常に相当欠かせません。

  体のゆがみあって現れてする、おっしゃる通りその通りですが、今度は苦痛が更に増幅される事で強い症状を引き起こしたとみております。

 こちらの顧客同じく、意外なところ、まさかこんな所が関連しているとは・・という事は決して滅多にはないのです。

 ご来院の場合は改めて状況にそってご解説させて頂きます。


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME