狭山市 整骨院 整体 腰痛で動けない場合

狭山市 整骨院 整体 腰痛で動けない場合

2017-08-10

度々往診、若しくは出張整体にでる機会があります。

そして、救急的に急な強い腰痛のために伺う事もあります。

きっかけは多岐の渡ります。

転倒によるケース、朝起きる事例いきなり、階段から落ちた・・等、時によって諸々あります。

もちろん、そのシーンにより処置の仕方が変化します。

早く処置が不可欠なケース、炎症症状が非常に強く処置よりも安静、冷却のみを優先する事例、病院に検査を申し入れする事例(但し、痛くて動けないので病院と折衝する事あり)、多様な事が想定されます。

最初に如何にしたらよいか?の問いには先に記載しました通り、多様な事が想定されますが、普通には、断っておきますが可能なならばとの前提の中で処置可能なならば早ければ早いほど回復は早いです。

無論、そのときはご連絡くださる不可欠がありますが、様子をみて反対に痛さがひどくなる人を多く診てきました。

最初に何を優先すべきかの観点に立ち、トップベストな方法をとって参りますので、苦しい考えをなされている方は早く回復に導きますので、早急にご連絡くださればと考えます。

今週は定期的寝違え、ぎっくり腰の方の来院が続いております。

どっちも私も経験した事ありますが、痛さと苦しみで相当苦しい考えをした事を実際でも覚えています。

朝、体を起した時、洗顔時かがめた時、くしゃみした瞬間等・・痛め方は皆様各々相違ますが、反対に皆様に共通している事(痛めやすくする別のきっかけ)があります。

・ 就寝時、半そで、短パンで寝られる方    現在の頃合でもこの事例まだ多々あるです。

うす−くていいので長袖、長いはき物、その上だぶつく位大きめがベストです。

・ お顔、口元に力が入り易い時。

若しくは口を閉じている事が多々ある時。

ここは体のスイッチのようなもの。

力が入ったまま解除されず、体がオーバーヒートしてしまいます。

・ 体を休める事が中々できないケース  体内の炎症物質、疲労物質の現れて量に対し処理が追いつかなくなります。

これが続くと体がパンクしてしまいます。

・ 水分の摂取量が極端に少ない事例  血流、リンパの流れの勢いが弱くなり、痛さが取れにくくなります。

他に不規則な食事、睡眠時、運動不足等諸々ありますが、今後頃合の変わり目特有の悪くなるパターンは上述のとおりです。

なぜ?との声もきこえてきそうですが、それは来院されたユーザーには一通り解説しております。

懸念事項な方、心もとないな方、痛めた経験のある方はお手軽にご連絡下さいませ。

来院された場合はわかりやすくご解説いたします。

 

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME