狭山市 体のゆがみ 慢性の肩こり、腰痛について

狭山市 体のゆがみ 慢性の肩こり、腰痛について

2017-08-09

当院では、皆さんが腰に痛みを感じない暮らしを再び送れますよう全力でお手伝いさせていただきます。

皆さんがはじめに腰の苦しみを感じた頃は、「まだ、この程度の痛さなら我慢可能なし・・・・」と思われて、特に対策は講じてこられなかったのではないでしょうか。

私たち人間の体は思っているよりも理不尽がきくようにつくられています。

ただし、そのお陰で体に異変を感じたとしても「放っておけば治るだろう」という安易な腹積もりをしてしまい、ついつい体のケアを怠ってしまいがちです。

苦痛は、体を守るための警戒仕組みです。

それを無視して、苦痛に耐える暮らしを永らく続けてしまうと、状態はどんどん悪化していきます。

「異常があるから苦しみがある」という事を忘れないでください。

腰の苦しみには急性痛と慢性痛と二種類に分ける事ができます。

急性痛とは、やけど、肉ばなれ、骨折、ぎっくり腰(捻挫)などなんらかのきっかけによって突然苦痛におそわれるもので、どこが痛いか直ちににわかるものです。

一方、慢性痛は長年の蓄積によって苦しみが生じ、徐々に進行していくものです。

自覚しにくいものではじめは問題なしと思っていても次第に普段暮らしにも支障をきたすようになり、ひどくなると動く事ができない事例もあります。

いつもと疲れが抜けにくい、このところ朝起きるのがつらい、いつもこんなところ痛くならないのに、と引っかかる事例は体の警告信号であるケースがあります。

ですので、お早目の対処をお勧めいたしております。

二週間前から右腕が上に挙げられないとの訴えで本日来院された方のお話です。

病院でレントゲン、MRI検査するも異常なし。

お医者様に、異常ないのになぜこうなるのか、の問いにも痛かったら注射しましょうか?との事で、きっかけわからず。

ホームページを見てきっかけを特定するとの事で、腕が挙がるようにと、なぜ?きっかけが知りたいとご要望であります。

(なぜ?きっかけの特定はとても価値があるな事であります。

) 肩関節の検査をするも、おっしゃる通り形態上の異常はなし。

関節は順応しています。

では、体は充分にと腕を挙げる場合の負荷を支持出来ているのか?を調べると骨盤、足が疲れて筋肉が凝縮しており、体幹を介し腕を支え切れていない・・との事で体総体、特に骨盤、足をすり合わせすると、一番目より挙がるもまだ不十分。

得てして、どこへ行っても回復しない時はこの様にパフォーマンス面、形態面にしか目がいかない事例が全く、頭部のストレス検査を行うと陽性を示し、直ちに処置。

すると、最後のところで鍵がかかったように腕の挙がりがカチッと止まっていたのが、すーっと挙がるようになるとともに、ご本人様も一言、「うそ・・」 所謂ストレス性といわれるものではありますが、おおかたご本人には自覚がない事例がとても多々あるです。

(頭と体が休められないために起こる事が大いに多々あるです) なぜこうなるのか、と解説するに際し、口で言うより実のところに検査し、ご本人にも体感してもらう事により、ご解釈をして頂く事ができます。

回復は当然、なぜの問いにも検査で表せる事例は極力示せるようにやりたいと考えますので、何なりとお尋ねくださいませ。

 

 


「かとう整骨院」の地図・行き方

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒350-1304
埼玉県狭山市狭山台3-13-2

かとう整骨院への道順

「かとう整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒350-1304 埼玉県狭山市狭山台3-13-2
電話番号 04-2935-3084
営業時間 8:30~12:00 15:00~19:30
電話受付 同上
定休日 水曜日と木曜日の午前
最寄駅 西武新宿線狭山市駅
駐車場 駐車場完備 (店舗裏)、提携駐車場あり

コメントを残す

*

PAGE TOP

狭山市 産後骨盤矯正
狭山市 むちうち交通事故施術
院長からのお知らせ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME